JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第74回 優駿牝馬(オークス)特集 2013年5月19日(日)15時40分発走 東京競馬場 芝2400m

【デニムアンドルビー】

前走後はプール調教でクールダウンした後、4月下旬からは入念に乗り込まれており、中間の調整過程は極めて順調だ。今週は助手を背に、いつも通り僚馬との3頭併せ。直線では真ん中に入り、ゴールまでほとんど追うところなく余裕十分の手応えで外の古馬と併入し、ゴール過ぎに軽く追われた。動きは絶好といえるもので、まだ上積みが見込めそうだ。

【アユサン】

前走後もこの馬なりにきちんと乗り込まれており、中間の調整過程は順調だ。ここ2週は丸山騎手を背にWコースで追い切られ、先週は先行していたオープン馬に追いつけず、結果的に単走の形ではあったが、ハードな内容を消化。今週は格下馬2頭を先行させて4角で並びかけ、直線だけ軽く追われて最先着した。前走と変わりない好状態といえそうだ。

【レッドオーヴァル】

前走後はごく短期の放牧を挟んだが、軽め中心とはいえ3週前から毎週追い切りを消化しており、調整過程に問題はない。先週は坂路で助手を背に僚馬と併せ、軽快な動きを披露。今週はCデムーロ騎手を背にWコースで僚馬と併せ、ゆっくりしたペースで折り合いもつき、ラストはシャープな伸び脚を見せた。絶好の仕上がりと見てよさそうだ。

【クロフネサプライズ】

前走後はしっかり疲れを取った後、4月下旬からはきちんと追い切りを消化しており、中間の調整過程は順調だ。今週は坂路で武豊騎手を背に、単走での最終追い。やや掛かり気味ではあったが、最後までしっかりした脚どりで坂を駆け上がってきた。馬場の荒れた時間帯での800m51.4秒という時計は優秀で、高いレベルでの好調子を維持できている。

【エバーブロッサム】

前走から中3週で、軽めとはいえ2週前から追い切りをやれており、中間の調整過程は順調そのものといえる。ここ2週は戸崎騎手を背に、Wコースで僚馬と併せ馬。先週は3頭併せの真ん中で外の馬に遅れたが、強めの内容を消化。今週は800mだけ時計を出す微調整で、併走相手に楽な手応えで先着した。上積みは感じられないが、前走と変わりない状態だ。

【ローブティサージュ】

前走後に放牧を挟んだが、栗東への帰厩時期が遅く、中間の追い切りが先週と今週の2本だけという調整過程は、やや物足りなく映る。ここ2週は坂路で僚馬と併せ馬で、先週は岩田騎手を背に、馬場の内めを回ったとはいえ好時計をマーク。今週は助手を背にほぼ馬なりの微調整だったが、軽快な動きは目についた。実力をきっちり出し切れる好仕上がりだ。

【プリンセスジャック】

前走後も厩舎に残って調整され、プール調教を織り交ぜつつ4月下旬からはしっかり追い切りもやれており、調整過程は極めて順調だ。今週は坂路で福永騎手を背に、単走での最終追い切り。馬場の荒れた時間帯だっただけに時計こそ平凡も、素軽い脚さばきを見せる好調教だった。初の関東遠征を控えているが、現時点では好状態と見て間違いない。

【サクラプレジール】

前走後はしっかり疲れを取った後、4月中旬に馬場入りを再開。4月下旬からは週に約2本ずつの追い切りをコンスタントにこなしており、調教量に問題はないと見ていいだろう。今週は助手を背に、坂路で僚馬を追走する形の併せ馬。最後まで相手に合わせる余裕の手応えながら、800m49.4秒の好時計をマークした。実力を出し切れる万全の仕上がりだ。

【その他の出走馬】

リラコサージュは中2週で再度の東京遠征とハードな臨戦過程だが、手加減せずに意欲的に追われて動きも良く、好状態をキープ。トーセンソレイユはWコースでウィリアムズ騎手を背に追われ、先週とは一変して軽快な動きを見せており、前走からは確実に上向き。ブリュネットは今週の追い切りでかなり行きたがる面を見せていたが、動き自体は軽快そのもので、体調面に不安はない。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN