JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第73回 優駿牝馬(オークス)特集 2012年5月20日(日)15時40分発走 東京競馬場 芝2400m

【ジェンティルドンナ】

前走後は短期放牧に出たが、すぐに帰厩してここ1ヶ月間はきちんと調教を積まれており、調整過程は順調だ。中間の追い切りはすべて坂路で、先週は川田騎手を背に併せ馬でびっしり追われ、800m51.4秒の好時計をマークして先着。今週は荻野要騎手を背に単走で追われ、余裕残しの手応えで軽快な動きを見せた。変わりなく好状態といえそうだ。

【ヴィルシーナ】

前走後は短期放牧を挟んだが、4月20日には帰厩してその後は入念に乗り込まれており、中間の調教量は十分といえる。ここ2週は竹之下騎手を背に僚馬と併せ馬で、先週はWコースで終い重点ながら鋭い末脚を披露。今週はPコースで追われ、軽く気合いをつけられた程度で併走馬を突き放す軽快な動きを見せた。高いレベルでの好状態を維持できている。

【ミッドサマーフェア】

前走後も休みなく入念に乗り込まれており、調整過程は順調だ。中間の追い切りはすべて坂路、助手騎乗で、先週はほぼ馬なりで800m54.5秒と軽めの内容。今週は前半から飛ばし、中間の400mで11.6−11.6秒という猛ラップを刻み、800m48.8秒の一番時計をマークする意欲的な追い切りを消化した。勝った前走時と変わりない好状態と見てよさそうだ。

【アイムユアーズ】

前走後は短期放牧を挟んだが、4月25日には帰厩。29日に初時計を出した後、5月に入ってからは週2本ずつの追い切りを消化しており、調教量は十分といえる。今週はPコースで嶋田騎手を背に僚馬2頭を追走する形の併せ馬。直線に向いて真ん中に入り、軽く気合いをつけられた程度ながら好時計をマークした。近走の好状態をしっかり維持できている。

【キャトルフィーユ】

前走後も厩舎に残って調教され、軽め中心とはいえ4月下旬からは連日のように時計を出しており、調整過程は極めて順調だ。ここ2週は福永騎手を背に僚馬と併せ、先週はWコースで古馬相手に遅れはしたが、ラスト200mで11秒台をマーク。今週は芝コースでほぼ馬なりと軽めだったが、軽快な脚さばきを見せた。実力をきっちり出し切れる好状態だ。

【メイショウスザンナ】

この中間はプール、Wコース、坂路を併用して入念に乗り込まれており、追い切りの本数も豊富で意欲的な調整過程といえる。ここ2週はWコースで武豊騎手を背に併せ馬、先週は3頭併せで最先着したものの動きは今一息だった。今週は併走馬に大きく先着したが、ラスト200m12秒台半ばと平凡な時計。現時点ではやや余裕残しの状態に映る。

【ダイワズーム】

前走に引き続き中2週という厳しい臨戦過程だが、先週もごく軽めながら時計を出せており、疲労残りの心配はないと見ていいだろう。今週は芝コースで三浦騎手を背に、僚馬を追走する形の併せ馬。4角で内から並びかけ、ゴールまで手綱を引っ張ったままで素軽い動きを見せた。上積みこそ見込みにくいが、勝った前走時と変わりない状態だ。

【ハナズゴール】

GTの前走から中1週という強行軍だが、大きな馬体減りも見られずきちんと調教も消化しており、中間の調整過程に問題はない。今週は坂路で助手を背に、単走で追われ、外ラチ沿いをまっすぐに駆け抜け、800m52.2秒としっかりやれた点は評価できる。ただ前走に続いて終いの伸びが案外で、絶好調時に比べるとまだ仕上がり途上という印象だ。

【その他の出走馬】

オメガハートランドはここ3週続けてWコースで併せ馬を消化しているが、いずれも動きは今一息で、調教駆けしないタイプとはいえ物足りない調整過程。アイスフォーリスは松岡騎手を背に2週続けて軽快な動きを見せており、状態面は確実に前走以上。トーセンベニザクラは、今週Wコースで津村騎手を背に絶好の動きを披露しており、前走からの上積みは大きそうだ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN