JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
優駿牝馬(オークス)特集
レース情報へ 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析へ コース解説へ 有力馬情報 調教情報へ レース回顧へ

アパパネ距離を克服し2冠を狙う

アパパネ写真
1番人気に応えて桜花賞を制したアパパネ
1番人気に支持された桜花賞では折り合いに気を使いながらも先団を確保。最後の直線に入ると期待通りの末脚を発揮し、逃げ粘るオウケンサクラを差し切った。阪神JF同様、着差はわずかでも地力を示す内容。依然として序盤は折り合いに気を使うものの、2歳時から女王の座は守っている。東京コースに替わるのは大歓迎。長距離輸送がないのもプラス材料。問題は距離延長。今回もおそらく序盤は引っ掛かってしまうだろうが、早めに落ち着いて追走できるかがカギ。2冠獲得には避けられない試練だ。

オウケンサクラ桜花賞は逃げ粘り2着

オウケンサクラ写真
1800mのフラワーCを勝っているオウケンサクラ
前走桜花賞は押し出されるようにハナに立ち、そのままスローの流れでレースを引っ張った。当然最後は瞬発力勝負になったが、自身過去最高となる上がり34秒5の末脚。勝ち馬のアパパネを最後まで苦しめる粘りを見せた。昨年秋から使い込み、今年もチューリップ賞→フラワーCが強行軍だったが、成長を感じさせる。血統的には距離延長は歓迎のタイプ。今度も前々で立ち回る競馬になるだろうか。ただ、近年のオークスは先行馬が不利。また、現在は馬場が凄く速いため、これまで以上に速い上がりが要求されることになりそう。

サンテミリオンフローラSを快勝した素質馬

サンテミリオン写真
フローラSを快勝したサンテミリオン
期待されたフラワーCが3着に終わり、桜花賞出走は断念。フローラSからオークス出走にかけ、見事にそのチャンスをものにした。不利な8枠発走。スタートはあまり良くなかったが、二の脚の速さと行きっぷりの良さで、すぐに2番手を確保。逃げたアグネスワルツを目標にしながら進み、最後の直線に入ると、この2頭の一騎打ち。上がり3ハロン34秒6の脚で競り落とし、重賞初制覇を飾った。初の東京コースも問題なし。距離延長はわからないが、いい形で本番へ向かえる。あとは、桜花賞組との力の差がどれぐらいあるかだ。

ショウリュウムーン相当に収穫があった桜花賞

前走桜花賞は惜しい競馬。1枠発走で道中は内々で折り合いをつけて追走。最後の直線は前が詰まり、外に進路を変えるロスがありながらの4着だった。チューリップ賞でアパパネを下しているとはいえ、当時相手は休み明けのうえ、道悪。それが良馬場の桜花賞で1分33秒5のタイムに対応し、これだけ走れたのだから収穫は相当あったと言っていいだろう。この世代でトップクラスの実力を持っている。今回、長距離輸送があり、初の左回りで東京コース。距離延長など、克服すべき課題はたくさんあるが、まだ奥がありそうな馬だけに期待できる。

エーシンリターンズ距離延長は歓迎か

こちらもショウリュウムーン同様、良馬場の速い時計に課題があった1頭。3走前のエルフィンSは良馬場でも1分36秒1と遅いタイムだったし、チューリップ賞も重馬場。よって桜花賞は11番人気と軽視されていた。ところが、先行し3着。ほぼスローペースの前残りとはいえ、予想以上の頑張りを見せた。父がキングカメハメハで、母は97年エリザベス女王杯3着など、芝2000m以上で活躍したエイシンサンサン。兄弟も長い距離や障害で実績を残している馬が多く、距離延長はおそらく歓迎だろう。スタミナが生きる展開になれば面白い。

アプリコットフィズ得意の東京で巻き返せるか

アプリコットフィズ写真
クイーンCの再現を狙うアプリコットフィズ
クイーンCからの直行で挑んだ桜花賞は2番人気で5着という結果。間隔が開いたうえ、初の長距離輸送で馬体重がマイナス4キロだったが、ほぼ力は出し切っただろうか。内枠から先行し、ジリっぽく見えたのは、上がりの勝負で他馬と脚色が同じだったから。チューリップ賞上位組との差がここでは出たようだ。ただ、今回は2戦2勝の東京コースに替わることで上積みはありそう。前向きの気性なので本質的にはマイラーかもしれないが、馬込みに入れて我慢できるようならば、鋭く弾ける期待はある。

アグネスワルツ前走は価値ある内容

デビュー戦の京都ダート1400mは8着に惨敗したが、2戦目の京都芝1600mで初勝利。先手を奪い、2歳レコードとなる1分33秒7の時計で駆け抜けた内容で、大きく一変した。続く白菊賞も逃げ切り2連勝。阪神JFへ向けて期待が高まったが、骨折をしてしまった。復帰戦は前走フローラS。ここでもスピードの違いでハナを奪うと、2着に逃げ粘る競馬。ブランク明け、長距離輸送、初距離だったことを考えると、勝ち馬のサンテミリオンと同等の価値がある内容かもしれない。これ以上の距離延長は微妙だが、能力は侮れない。

シンメイフジ展開に恵まれれば一発

ブリンカーを着用したフラワーCでは逃げたが、桜花賞ではいつものように後方からの競馬。最後の直線まで脚を溜め、大外に持ち出しての追い出し。メンバー中最速の上がり33秒8の末脚を使うも6着に終わった。スローペースで内々の先行馬が残る展開となったため、この結果は仕方がない。阪神JF以上に恵まれない競馬だった。今回もペースと馬場によるところが大きいだろうが、桜花賞の着差はわずか0.4秒なので、少し恵まれれば一発があってもおかしくない。新潟2歳Sの内容から左回りはOK。東京の長い直線は非常に魅力的だ。

コスモネモシン能力差はそれほどないが

桜花賞では中団の馬込みから追走。手ごたえは悪くなかったが、前の馬をほとんど交わせずに9着。自身としては過去最高の上がり34秒2の脚を使ったのだが、あの位置から差し切るにはもっと速い脚が必要だった。未勝利勝ち、フェアリーS優勝、フラワーC2着と本格化後の実績がすべて中山だったこともあり、ある程度予想できた結果か。東京芝コースを含め、今後は軽い馬場で速い上がりを使うレースへの対応が課題となる。ここ2戦の内容から桜花賞1、2着馬とも能力差はそれほどないはずだが。

トレノエンジェル上積みは見込めるも相手が強い

デビューが今年3月と遅く、初戦は中山芝1600mで2着。2戦目の中山芝1800mで初勝利。稍重でマークした1分51秒1の時計は、同日の古馬1000万クラスと0.3秒差だった。そして前走スイートピーSも優勝。逃げるニーマルオトメをゴール寸前で差し切り、値千金の勝利。一生に一度の晴れ舞台に駒を進めることができた。ただ、今回は初G1で今までの相手とは訳が違う。キャリアが浅いので、まだ上積みが見込めるものの、今回いきなり勝ち負けになるかどうか。前走までのパフォーマンスからは、そこまでの印象は受けない。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN