JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
優駿牝馬(オークス)特集
レース情報 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析へ コース解説へ 有力馬情報 調教情報へ レース回顧へ

ブエナビスタみなぎる2冠への自信

ブエナビスタ写真
桜花賞を大外一気で豪快に突き抜けたブエナビスタ
桜花賞でも自分のリズムを守り、いつものように後方待機策。馬場のいい外目を走れることもあり、慌てずに仕掛けは直線に入ってからだった。すると、上がり33秒3の末脚が炸裂。単勝1.2倍の圧倒的な支持に応え、見事に優勝。まずは1冠を手中に収めた。2着のレッドディザイアとの着差が半馬身と、阪神JFほどの楽勝ではなかったが、33秒台前半の速い上がりを使えたことは収穫。おっとりとした性格で、折り合いの不安は皆無。鞍上の安藤勝己騎手も「桜花賞よりオークス向き」と自信をみなぎらせており、ほとんど死角は見当たらない。2冠達成の可能性は十分。

レッドディザイア能力の高さを見せた桜花賞

桜花賞では女王ブエナビスタから半馬身差の2着。最後は大外からの強烈な伸びでねじ伏せられてしまったが、いったんは先頭に立ち、そのまま押し切るかと思わせるシーン。キャリア2戦ながら2番人気に支持された能力の高さを存分に見せつけた。今回、2400mの距離がプラスかは微妙だが、デビュー戦が京都芝1800mであり、折り合いに難はないタイプなので、十分こなせそう。むしろ、エンジンのかかりが遅いことが気になるタイプで、引き続き直線が長いコースで走れるのはありがたい。再度、ブエナビスタに迫り、あわよくば逆転を狙いたい。

デリキットピース遅れてきた関東の秘密兵器

デリキットピース写真
忘れな草賞を強い競馬でねじ伏せたデリキットピース
1戦1勝の身で臨んだ前走の忘れな草賞では、馬体重マイナス12キロ。7番人気と評価は低かったが、3番手追走から直線で力強く抜け出し優勝。後のスイートピーS連対馬を難なく振り切る競馬で、非常に強い内容だった。「遅れてきた大物」という雰囲気が漂う関東の秘密兵器的存在で、桜花賞出走組と未対戦なのは魅力だ。だが、気性が前向きで、前走も序盤から凄い行きっぷりで先行。過去2戦の上がり3ハロンが、36秒1、36秒4であることからも、スローペースの決め手比べに持ち込むような馬ではない。よって、瞬発力勝負に付き合うと心配。自分の形で2400mを押し切れるかどうかにかかっている。

ディアジーナ東京芝コースで重賞2勝の実績

ディアジーナ写真
フローラSを完勝し、重賞2勝目を挙げたディアジーナ
2月のクイーンCで重賞初制覇。桜花賞に出走するための賞金は十分持っていたが、同レースをスキップし、本競走に狙いを定めた。前走のフローラSは8枠スタートだったが、好スタートから難なく先行。最後の直線では二の脚を使い後続を突き放し、重賞2勝目を挙げた。レース運びのうまさと末脚の持続力がセールスポイント。東京コースの実績はメンバー中トップと言える。ただ、すでにキャリアが10戦と、これ以上の上積みは微妙。桜花賞上位馬とも互角の力とは言い難い。ちなみに昨年は同厩舎のレッドアゲートが同様の成績で本番に挑み、2番人気で6着に敗れている。

ブロードストリートスイートピーSでようやく優先出走権

ブロードストリート写真
スイートピーSを上がり33秒8の決め手で抜けたブロードストリート
前走のスイートピーSで3勝目を挙げ、本競走への優先出走権を獲得。中団馬群の中からの追走で、上がり33秒8の末脚で直線鋭く抜けてきた。だが、デビューから2連勝した際は、クラシック候補の呼び声が高かっただけに、前走の勝利も手放しには喜べない。3走前のチューリップ賞が4着、そして2走の忘れな草賞が2着と、大事なところで取りこぼしている印象もある。基本的にスイートピーSからのローテーション自体がここでは不利。したがって、桜花賞上位組を逆転するには相当な上積みがないと厳しいだろう。連下までか。

ダノンベルベール前走の敗因は明確で巻き返し可能

前走の桜花賞では早めに栗東に入厩して調整を試みたが、当日の馬体重がマイナス8キロ。過去最低体重の444キロでの出走となってしまったのが誤算だった。実際のレースも馬場の大外が伸びる状況で、最内枠からの発走。好位で捌いて勝ち負けに持ち込むには、条件が厳しすぎた。敗因はハッキリしており、前走の8着は度外視できる。その前までは勝ち切れないまでも阪神JFが2着、クイーンCが2着の実績。脚質に幅が出てきて、今ならばスムーズに折り合って先行することもできそう。今回は長距離輸送がないし、馬体が戻っていれば巻き返しがあってもおかしくない。

ジェルミナル女王との差は詰まりつつある

ここまで対ブエナビスタは3戦3敗。スピード、決め手いずれにおいてもブエナビスタに見劣るし、勝負づけが済んでいる感も否めない。だが、昨年の阪神JFが1.1秒差の6着、2走前のチューリップ賞が0.6秒差の5着、そして前走の桜花賞が0.3秒差の3着。徐々にではあるが着順と着差を詰めている。桜花賞では馬場と枠順に恵まれたが、レッドディザイアとブエナビスタも同じような条件。力をつけているのは間違いない。今回、2400mへ距離が伸びることがプラスに働けば、もっと際どい勝負になる計算。本競走と相性がいい福永騎手の手腕にも注目。

ハシッテホシーノ馬体重が心配も舞台は申し分なし

デビュー時から毎回馬体を減らし、前走のフローラSもマイナス4キロ。休み明けにもかかわらず馬体減は好ましい材料ではない。早々に「オークス一本に絞る」と公言していたが、使い込めないがゆえの、ここまでのローテーションという印象だ。ただ、そんな状況でもトライアルで最低限の3着は確保。最後はワイドサファイアに競り負けたが、距離が伸びれば逆転できそうな感じにも見えた。実際に牡馬相手に500万クラスの東京芝2400mを勝利している。短期間での馬体重増は望みにくく、叩いた上積みがあるかは微妙だが、舞台設定は申し分ない。

ワイドサファイア1勝馬だが能力は重賞級

勝ち鞍はデビュー戦で挙げた1勝のみだが、エルフィンSでレッドディザイアとハナ差の接戦があるなど、重賞レベルの力は持っている。しかし、1800m以上の距離適性が微妙。2走前の毎日杯は牡馬が相手だったが、最後の直線では手ごたえほど弾けず0.3秒差の7着。前走のフローラSも最後はハシッテホシーノには競り勝ったが、勝ったディアジーナにはアッサリ突き放されての2着。ここ2戦は終いがジリっぽい感じで、さらに距離が伸びる2400mで果たしてどうか。折り合いはつきそうだが、上位争いに加わるだけの決め手は欠く印象。

サクラローズマリー母はG1馬サクラキャンドルの全姉

父はサンデー系種牡馬の中ではやや地味だが、母は95年のエリザベス女王杯を勝ったサクラキャンドルの全姉という血統。デビューは今年2月と遅かったが、2戦目の中京芝2000mで未勝利を脱出。次走はOPの忘れな草賞に格上挑戦し3着。前走のスイートピーSで2着に入り、本競走の出走にこぎつけた。2戦続けてブロードストリートに負けているが、内容(コース取り)的には同馬との能力差はほとんどない印象。ただ、それで桜花賞上位組と互角に戦えるかは別問題だ。今回も後ろから行く作戦になりそうで、展開の利は欲しいところだ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN