JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
優駿牝馬(オークス)特集


東京芝2400m〔Cコース〕

コース図連続開催一週目、
Cコースを使用

 連続開催となる3回東京開催の一週目に施行。前開催のAコースから、今開催はCコースに替わりレースが行われる。Cコース時の幅員は25〜35m。正面スタンド前で6m、向正面で4mほどAコースから仮柵を広げて設置される。前開催で痛んだ芝内側部分は遮断されることになり、あらためて良好な馬場状態を作りだそうという意図が見える。しかし、冬場の一回開催でDコースが使われたため、外側へ行くほどキレイに芝が生え揃っているというわけではない。かといって、極端なグリーンベルトが存在するわけでもなく、内外ほぼ差がないフラットな馬場状態と見ていいだろう。芝は今開催もイタリアンライグラスによるオーバーシードを使用している。

メモリアルスタンド前からの発走

レース写真(東京芝2400m) スタート地点はホームストレッチのメモリアルスタンド前から。Cコース時の最初の1コーナーまでの距離は313mある。1〜2コーナー中間から向正面直線の残り約1300mまでは緩やかな下り坂で、そこから急な上り坂。約60mほど平坦を走り、3コーナー手前から3〜4コーナーの中間まで再び下り坂。平坦の4コーナーをカーブを曲がり、ホームストレッチに入って間もなく約2mの勾配の最後の坂。ゴール前の直線は525.9mとなる。

近2年はダービーを上回る厳しいペース

 ほぼ全馬未経験の距離での一戦で、この時期の牝馬にとっては過酷な2400m。スタミナをできるだけ温存し、折り合いに専念するため前半はゆっくり進み、最後の直線での末脚勝負というのが基本的な流れ。しかし、ここ2年は前半600m通過が35秒前後、1000m通過が60秒を切っており、ラスト3ハロンの方が時計がかかる展開。前半においては同年の日本ダービーよりも厳しい展開になっている。これはメンバーによるところが大きいはずだが、このような展開になると正真正銘のスタミナ勝負。桜花賞で要求された適性とはガラリと違うものになるはずだ。脚質的にも逃げ・先行で押し切るのは厳しいだろう。

ペースにかかわらず差し馬有利

 ただ、スローペースになっても逃げ・先行馬が不利な点は変わらない。スローの展開になれば終いだけの競馬になり、より決め手の優劣が問われることに。長い直線を利した追い比べで勝る馬が最も勝利に近く、特にコース改修後は差し馬が圧倒的に有利という結果が出ている。コース改修後、03年以降のレースでの枠順傾向は、1枠が連対率30%、2枠の連対率が20%と内枠が優勢。3枠より外はそれぞれほぼ互角。最後の直線で外を回る分には全く構わないが、前半は内枠を利して内々の馬群に潜り込み、脚を溜めるのがベスト。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN