JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

シーキングザパール 激しさと強さを合わせ持った女傑[1997年]

激しい気性に悩まされた2歳時

 気性の激しさ・難しさは、サラブレッドの体内で、スピード能力と背中合わせに存在する。シーキングザパールがそんな馬だった。

 1996年、夏。2着に7馬身もの差をつけて逃げ切る新馬デビューを飾ったシーキングザパールだったが、続く新潟3歳Sではスタート直後に外へ逸走、4コーナーでも外に振られるという最悪のレースで3着に敗退する。

 ところがデイリー杯3歳Sでは、メジロブライトを5馬身突き放す強い勝ちかたで重賞初制覇を果たし、かと思えば断然人気に推された阪神3歳牝馬Sでは、直線で伸びを欠いてメジロドーベルに完敗の4着。鞍上・武豊騎手を常にヒヤヒヤとさせるほど、乗りかたの難しい馬として知られていった。

3歳時は安定した強さでGI初制覇

シーキングザパール写真

 が、明けて3歳の春シーズンは、その勝ち気でムラのある性格が、レースでのパフォーマンスに素直につながっていくことになる。

 シンザン記念では、4コーナーからマクって出るという強引な戦法で2着に3馬身差をつける圧勝。フラワーCでは、これまでになかった差し脚を繰り出して重賞2連覇。ニュージーランドTでは、直線一気の凄まじい切れ味で3連勝をマーク。外国産馬のためクラシックへの出走権はなかったが、同世代の桜花賞馬キョウエイマーチ、同2着のメジロドーベルよりも素質は上と見られるようになっていったのである。

 その力を実証してみせたのが第2回NHKマイルCだ。アーリントンC勝ち馬ブレーブテンダー、2歳王者のマイネルマックス、マーガレットSを制したパームシャドウといった牡馬勢を押さえて1番人気に支持されたシーキングザパールは、鮮やかに弾ける。

 馬なりのまま好位で4コーナーを回り切ると、直線では楽に抜け出し、激しい2着争いを1馬身4分の3後方に見て余裕のゴール。世代ナンバーワン牝馬の評価に恥じないレースぶりでGI初制覇を果たしたのである。

日本調教馬による海外GI初制覇

 その後のシーキングザパールの健闘も称えられるべきだろう。相変わらずの気性の難しさ、ノドの病気・喉頭蓋エントラップメント、スピードを生かせない道悪馬場などに悩まされて高松宮記念4着、安田記念10着と敗れた4歳シーズンだったが、夏にはフランスへ渡ってモーリス・ド・ゲスト賞で1着、日本調教馬による欧州G1初制覇の大偉業を成し遂げてみせたのだ。

 スピード+気性難=大一番での爆発力。そんな意外性を持つ馬だったといえるだろう。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN