G1特集 第21回 NHKマイルカップG1特集 第21回 NHKマイルカップ

調教情報

競馬予想のJRA-VANトップ > G1特集 > NHKマイルカップ > 2016 > 調教情報

メジャーエンブレム

前走後は放牧を挟んで4月27日に美浦へ帰厩。レースの11日前とトレセンでの調整期間は短いが、帰厩前日の26日にも放牧先で時計を出しており、調整過程に問題はない。今週は助手を背にWコースで単走追い。やや内目のコース取りから4角で馬場の真ん中に持ち出し、直線は一杯に追われて豪快な動きを見せた。時計的にも優秀で、高いレベルでの好状態を維持できている。

ロードクエスト

間隔を詰めての3連戦目になるが、この中間もきちんと追い切りを消化できており、疲労残りの心配は無いと見ていいだろう。今週は小島調教師を背に、Wコースで僚馬2頭を追いかけて目標にする形の追い切り。行きたがるのをなだめつつ追走し、ラスト200mだけやや気合をつけられてゴールした。上積みはそれほど感じられないが、好調キープと見てよさそうだ。

イモータル

前走後は放牧を挟んで3月下旬に栗東へ帰厩。4月に入ってからは軽めの物を含めると10本以上の追い切りを消化しており、調教量は十分だ。今週は畑端騎手を背に、坂路で僚馬と併せ馬。中間地点で後ろから来た僚馬が追いつき、3頭併せの形になったが、最後は並ばれてからしぶとく食い下がって最先着した。現時点での能力はきっちり出せる状態と見ていい。

トウショウドラフタ

前走後は放牧を挟んで4月上旬に美浦へ帰厩。中間の初追い切りが4月20日と遅く、本数も4本とやや少なめだが、問題ない範囲と見ていいだろう。先週は田辺騎手を背にWコースで僚馬と併せ、1200m80秒を切る好時計で大きく先着。今週は助手を背にPコース単走だったが、1000m65秒前後としっかり負荷をかけられ、動きも良かった。万全の仕上がりと見てよさそうだ。

ダンツプリウス

前走後も自厩舎できちんと乗り込まれており、調整過程は順調だ。ここ2週は助手を背に坂路で僚馬と併せ、先週は大きく追走していたとはいえ未勝利馬に遅れる平凡な動き。ただ今週は、先行していたとはいえオープン馬相手に先着と動きは一変。800m52.4秒、ラスト200m12.8秒という時計も、この馬としては上々だ。実力を出し切れる好仕上がりと見て間違いない。

その他の出走馬

ティソーナは短期放牧を挟んで、帰厩後も軽めの追い切り中心だが、馬体はきっちり仕上がっており、動きも悪くなく状態面に問題なし。アーバンキッドはここ2週Wコース併せ馬で追われ、先週は3頭併せの真ん中で最先着。今週も余裕の手応えで僚馬に先着しており、実力を出し切れる好仕上がり。ブレイブスマッシュは先週長めからの併せ馬を消化し、今週も単走ながら速い時計を出しており、好走した前走時の状態を維持できている。