G1特集 第20回 NHKマイルカップG1特集 第20回 NHKマイルカップ

調教情報

競馬予想のJRA-VANトップ > G1特集 > NHKマイルカップ > 2015 > 調教情報

クラリティスカイ

前走から中2週で再度の関東遠征という厳しい臨戦過程だが、レース4日後の4月23日には馬場入りを再開して順調に調整されており、疲労残りの心配はないと見ていい。今週は川須騎手を背に坂路で未勝利馬を追走する形でスタート。中間地点過ぎから併走し、追われてきっちり先着した。ただ馬場状態を考えてもラスト200m13.1秒はもの足りず、上積みは見込みにくい。

アヴニールマルシェ

前走後は放牧を挟んで4月4日に美浦へ帰厩。翌日から坂路入りして入念に乗り込まれており、調教量に不足はない。レース1週間前の日曜に坂路で終い重点の内容を消化し、今週は北村宏騎手を背にWコースで格下馬2頭との3頭併せ。直線に向いて2頭の外に持ち出し、楽な手応えのまま並びかけてゴールした。動きは軽快そのもので、力を出し切れる好仕上がりだ。

グランシルク

同じ中3週で出走した前走時とほぼ同様の追い切り内容をこなしており、極めて順調な調整過程といえる。今週は助手を背にWコースで格下の僚馬を大きく追走する形でスタート。4角で内から追いつくと、直線は強めに追われて併入した。手応えは見劣りしていたが、調教駆けするタイプではないだけに問題はない。前走時と変わりない状態と見てよさそうだ。

アルビアーノ

前走後は放牧を挟んだが、美浦への帰厩が4月23日とレースのわずか2週間半前。ただここ2走も同じような調整過程で結果を出しており、特に問題はないと見ていいだろう。今週は助手を背に、Wコースで格下馬2頭を追走する形でスタート。4角で2頭の内から並びかけ、追い出されるときっちり抜け出して最先着した。仕上がりは万全と見てよさそうだ。

ミュゼスルタン

前走の4日後には早くも馬場入りを再開。4月9日から今週にかけて5週続けて併せ馬をこなしており、大一番へ向けて意欲的な調整過程といえる。ここ2週は柴田善騎手を背に格下の僚馬と併せ、先週はWコースで力強い動きを見せて先着。今週は芝コースでほぼ馬なりだったが、素軽い脚さばきは目についた。骨折明けの前走時から確実に上積みが見込める。

その他の出走馬

アルマワイオリは先週の坂路追いで力強い動きを披露。今週はWコースで軽めの併せ馬だったが、まずまずの動きで体調面に不安なし。ヤマカツエースはここ2週、Wコースでのハードな併せ馬に加えて坂路でも時計を出しており、意欲的な調整過程で体調は良好。グァンチャーレは皐月賞をアクシデントで回避する誤算はあったが、ここ2週の動きは悪くなく、力を出せる状態に仕上がっている。