JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第16回 NHKマイルカップ特集 2011年5月8日(日)15時40分発走 東京競馬場 芝1600m

【グランプリボス】

前走後も順調に乗り込まれており、中1週での激走後でも中間の調整過程に問題はない。ここ2週はウィリアムズ騎手が騎乗し、僚馬との併せ馬を消化した。先週はPコースで、折り合いに苦労しながらも直線ではシャープな伸び脚を披露。今週は坂路で余裕残しの手応えながら、800mで52.1秒の好時計が出た。力を出せる仕上がりと見てよさそうだ。

【コティリオン】

中5週とやや間隔はあいたが、皐月賞への出走も視野に入れていただけに、中間の調教量は十分だ。ここ2週は坂路で小牧騎手を背に追い切られ、先週は調教駆けする僚馬と中身の濃い併せ馬を消化。今週は単走だったが、折り合いもしっかりつき、追われると豪快な走りでしっかりと末脚を伸ばした。絶好の状態に仕上がった印象だ。

【エイシンオスマン】

前々走から3戦連続での中1週使いとハードな臨戦過程だが、この中間はプール調教を併用してきちんとケアされており、疲労残りの心配はないと見ていいだろう。今週は坂路で追い切られたが、かなり馬場の荒れた時間帯だった点を考慮すると、800m52.0秒という時計は極めて優秀といえる。かなりの好状態と見てよさそうだ。

【リアルインパクト】

関西遠征帰りで大幅馬体減後になるが、中間は追い切りの本数、強さ共に十分で、意欲的な調整過程といっていいだろう。ここ2週は内田博騎手が騎乗し、Wコースで併せ馬を消化。今週は僚馬2頭を大きく追走し、直線では最内に入って余裕残しの手応えながらきっちりと最先着。時計的にも上々だった。急仕上げだった前走から大きな上積みが見込める。

【ヘニーハウンド】

前走後は短期放牧を挟んで4月中旬にトレセンへ帰厩。その後はしっかり調教を積まれており、調整過程に問題はない。先週はPコースでグランプリボスと併せ、ゴール前は相手に合わせる余裕十分の動き。今週は坂路で格下馬を追走し、終盤で楽々と交わし去ってラスト400mは11.9−12.1秒の好タイムをマークした。まだ上積みが見込めそうだ。

【エーシンジャッカル】

前走の4日後には早くも馬場入りを始め、その後の調教量も豊富で、中間は実に意欲的な調整過程といえる。ここ2週続けてPコースで3頭併せを消化し、先週は1000m62秒台を出して最先着。今週は岩田騎手が騎乗し、大きく追走した分もあって併走馬に遅れはしたが、上がり600mで35秒台なら合格点だろう。好調キープと見てよさそうだ。

【アイヴィーリーグ】

前走後はレースの5日後から乗り込みを始め、中間の追い切りは前走時より強化されており、意欲的な調整過程だ。今週は坂路で助手が騎乗し、馬の少ない時間帯での単走追い。800m52.9秒、一杯に追われたラスト200mで12.9秒と時計は地味だが、動き自体は悪くなかった。初の関東遠征が課題だが、現時点では状態面に問題はなさそうだ。

【フォーエバーマーク】

中間の追い切りは軽めが中心で本数も少なめだが、これはこの馬としてはいつも通りといってよく、調整過程は順調だ。1週前は左回りのWコースで僚馬と併せ、直線で軽く追われた程度だったが素軽い動きを見せた。今週も坂路で同じ馬と併せて先週と同様の走りを見せており、好感触の追い切りだった。好調キープと見てよさそうだ。

【その他の出走馬】

クリアンサスは今週の坂路で800m51.5秒、ラスト200mで12.1秒と好時計をマークしており、体調面に関しては文句なしの好状態。プレイは中1週でのGT連戦も、しっかり追われて好時計も出せており、好気配といえそう。ダンスファンタジアは強行軍でさすがに上積みはないが、坂路で素軽い走りを見せており、惨敗後でも状態落ちはなさそうだ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN