JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
NHKマイルカップ特集

ファリダット

前走から4日後には馬場入りを開始し、今週まで休みなく順調に乗り込まれており、中間の調整過程はきわめて順調だ。1週前追い切りは坂路で行われたが、追い出してから障害馬に遅れを取るなど若干重さが残る動き。それもあってか今週は3頭併せで長めからびっしり追われ、最後は大外に進路を取って最先着。全体時計、ラストの切れも合格点で、きっちり仕上がったと見てよさそうだ。

ディープスカイ

前走から中5週と若干間隔開いているが、4月中旬以降今週まで、速い追い切りを5本も消化しており調教量は十分と言える。近走はコース追い中心だったが、スピード要求されるマイルG1ということもあってか、この中間は坂路を中心とした追い切りメニュー。最終追い切りでは単走ながら力強いフットワークで好時計をマークと動きも良く、絶好の仕上がりと言えそうだ。

サトノプログレス

この中間は中3週ながら1週前、今週とびっしり追わず余裕残しの追い切りで、軽めと言える調整過程。ただ中2週でも実質追い切りわずか1本で勝った前走の通り追い切り少なめでも仕上がるタイプで、その点に関しては全く問題ないだろう。動き自体も前走時からほとんど変わらず安定しており、引き続き好状態をキープしている印象だ。

ゴスホークケン

前走は4ヶ月ぶりながらコースでの速い追い切りは最終追いの1本だけと明らかに調整不足の印象だったが、この中間は中3週ながら3週連続で速めのコース追いを消化しており、巻き返しへ向けての意欲は十分と言える。調教駆けするタイプとはいえ、1週前、今週ともに軽快な脚さばきを見せており動きは軽快そのもの。変わり身は大きそうだ。

ブラックシェル

皐月賞から中2週の強行軍だが、先週、今週ときっちり追い切られており、疲れも感じさせず順調な調整過程と言ってよさそう。1週前は前半からラストまでびっしりのハード追いをこなし、今週は初騎乗となる後藤騎手を背に前半はセーブして終い重点という内容で併走馬に先着した。調教駆けせず動きは地味だが、調子自体は変わりなく自分の力は出せそうだ。

エーシンフォワード

デビュー時から比較的少なめの追い切りでレースを使ってきたが、この中間は中3週で速めの追い切りを3本こなしており、大一番へ向けての意欲的な調整過程になっている。1週前は長めを前半からある程度飛ばす形で、内を回ったとはいえ格上馬に大きく先着する好内容。今週は終い重点も軽快な脚さばきを見せており、かなりの好状態と見てよさそうだ。

レッツゴーキリシマ

G1激走後の中2週だが、先週、今週ときっちり追い切られており、調整過程は順調だ。1週前追い切りは金曜日になったが、終い重点の調教でラストの伸びは上々。しかし幸騎手が乗った今週の最終追いでは坂路800m51.1秒の好時計こそ出たが、ラスト200mは13.4秒の止まり方で折り合いには依然課題が残った。ただ調子自体は問題なく、力は出せる仕上がりだろう。

ドリームシグナル

皐月賞から中2週になるが、レース4日後から休まず馬場入りしており調整過程は順調だ。間隔詰まっているのに加え、関東遠征が続くこともあってかレース1週間前の日曜日が実質の最終追い切りになったが、走りやすい馬場状態だったとはいえ坂路800mで51.5秒の好時計をマークしており調子は良さそうだ。

その他の出走馬

サダムイダテンは馬体減り考慮しての調整続いているが、最終追い切りの動きは絶好で状態は上向き。スプリングソングはかなりの強行軍になるが、手加減せずに坂路800mで51.2秒の好時計を叩き出しており、大一番への意欲は十分。ダンツキッスイは中間もいつも通りの動きで、凡走後でも状態は悪くない。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN