JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
NHKマイルカップ特集


東京芝1600m〔Aコース〕

コース図Aコース使用で好時計決着

 2回東京開催の6日目に施行。今開催は最も幅員が広い(31〜41m)Aコースが使用され、本競走も04年以降同コースで行われている。開催後半になるが、1回東京開催がDコース使用だったことと、気温が高くなり野芝の伸びが良くなってくる時期なので、芝(イタリアンライグラスによるオーバーシード)は大きな痛みはなく良好な状態。良馬場ならば勝ち時計は1分32秒から33秒台となるのが必至で、朝から雨が降り続いた昨年ですら1分34秒3だった。

 スタート地点は向正面の2コーナー出口。Aコース時は最初の3コーナーまで約540mもある。下り坂のスタートで、バックストレッチの中間まで下り、そこから急な上り坂。約60mほど平坦を走り、3コーナー手前から3〜4コーナーの中間まで再び下り坂。平坦の4コーナーをカーブを曲がり、ホームストレッチに入って間もなく約2mの勾配の最後の坂。ゴール前の直線は、仮柵の位置とは関係なく、525.9mとなっている。

05年以外はテンから緩みない流れ

レース写真(東京芝1600m) 下り坂スタートなのでテンから自然とペースが上がるのが普通。ラインクラフトが勝った05年は前半600mが35秒5と緩かったが、その他の年はたいてい34秒台の前半で進んでいる。3コーナーまでの距離が長い分、極端なハイペースにはならないが、スタート直後から息の入らない流れになるのが普通だ。向正面は馬群が縦長となるが、半マイル通過後の3〜4コーナーの中間で早くも馬群が凝縮する。コーナーのカーブがキツくないために内ラチ沿いに張り付いての逃げでも、小回りのコースのように後続を引き離すことがなかなかできない。4コーナーでは、各馬が横に広がりながら最後の直線へ入る傾向。

近4年は上がり最速馬が優勝

 最終的に最後の直線に入っての決め手比べとなるので、通常瞬発力勝負不向きの逃げ・先行にとってはかなり厳しい競馬になる。近4年の勝ち馬はすべてメンバー中最速の上がり3ハロンの脚を繰り出しての勝利。テンから脚を使わされるマイル戦なので、極端に速い上がりは必要ないが、淀みないペースをある程度の位置で追走しつつの決め手勝負は、この時期の3歳馬にとっては意外と厳しい。クラシック出走経験馬とて、必ずしも経験したことがある流れではない。現時点での完成度の高さ・スピード能力が問われる。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN