G1特集 第34回 マイルチャンピオンシップG1特集 第34回 マイルチャンピオンシップ

指数分析

競馬予想のJRA-VANトップ > G1特集 > マイルチャンピオンシップ > 2017 > 指数分析

【出走予定馬のZIと過去5走の補正タイム】

この表は右にスクロールできます。

馬名 ZI 1走前 2走前 3走前 4走前 5走前
レッドファルクス 131 89 94 91 91 海外
サングレーザー 127 91 86 77 72 71
エアスピネル 124 95 94 93 94 92
イスラボニータ 115 92 91 95 93 96
ウインガニオン 115 91 92 89 88 71
ダノンメジャー 112 87 92 88 84 89
マルターズアポジー 112 87 93 74 85 94
アメリカズカップ 109 91 83 78 63 76
ペルシアンナイト 108 87 89 90 81 72
クルーガー 106 91 86 94 89 84
ヤングマンパワー 105 94 90 79 93 89
グランシルク 104 84 93 88 88 89
サトノアラジン 100 15 97 95 87 海外
ムーンクレスト 100 85 90 83 83 83
レーヌミノル 100 68 77 69 83 72
ブラックムーン 97 84 79 88 90 84
ガリバルディ 95 85 90 84 87 88
ジョーストリクトリ 85 72 74 74 76 70
1)ZIは前哨戦を制した3頭がかなり引き離す

ZIの1位はレッドファルクス。スプリンターズS連覇の実績を持って参戦してくる。2位は前走スワンSを制したサングレーザー。3位は前走富士Sを制したエアスピネルで、前哨戦を制した馬が軒並み上位だ。4位以下はかなり離れている。

2)良馬場でサトノアラジンの巻き返し

補正タイムのトップはサトノアラジン。2走前の毎日王冠で97をマークしている。前走天皇賞(秋)では極度の不良馬場で全く競馬にならなかった。良馬場ならば確実に巻き返してきそうだ。2位はイスラボニータ。昨年のマイルCS2着で96をマークしている。

3)レッドファルクスは安田記念の方が強い

エアスピネルも補正タイムは上位で、前走富士Sでマークしたもの。近5走の中では最も高い。ただ、同レースは不良馬場だった。良馬場ではレッドファルクスが2走前の安田記念で94をマークしている。ちなみに前走スプリンターズSは89に留まっている。距離延長は全く問題なく、むしろマイル戦の方が向いている可能性がある。

4)穴馬はマルターズアポジーら3頭に注目

穴馬候補としては補正タイム94の3頭に注目してみる。マルターズアポジーは5走前の小倉大賞典1着、クルーガーは3走前のマイラーズC1着、ヤングマンパワーは前走毎日王冠5着のレースがそれぞれ該当する。

<用語解説>
ZI(ゼットアイ)

前走着順、人気、着差等を簡単に指数化したもの。基本的にこの指数が高いと上位人気に支持される傾向がある。ZI最高値をマークしている馬は連対率が高く、特に2番目の馬より5以上の差をつけている場合、特別な理由(休み明け、前走と大きく異なる条件など)がない限り、信頼できる。ただし、ZI最高値が115以下の場合は混戦と考えられる。

補正タイム

基準タイム(そのレースの平均的な勝ちタイム)とその馬の走破タイムをもとに、異なる距離やクラスでも簡単に比較できるようにした指数。スピード指数のようなイメージで、指数が高いほど、時計的な価値があると考えられる。