G1特集 第32回 マイルチャンピオンシップG1特集 第32回 マイルチャンピオンシップ

血統分析

競馬予想のJRA-VANトップ > G1特集 > マイルチャンピオンシップ > 2015 > 血統分析

母父ノーザンダンサー系の良血フィエロに注目!

1)数のうえではSS系が他の系統を圧倒

過去10年の系統別成績は以下の通りだ。

この表は右にスクロールできます。

父の系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 7回 5回 6回 86頭 8.1% 14.0% 20.9%
その他のヘイルトゥリーズン系 0回 1回 0回 15頭 0.0% 6.7% 6.7%
ノーザンダンサー系 2回 2回 1回 39頭 5.1% 10.3% 12.8%
ナスルーラ系 1回 1回 0回 17頭 5.9% 11.8% 11.8%
ミスタープロスペクター系 0回 1回 3回 20頭 0.0% 5.0% 20.0%
その他の系統 0回 0回 0回 1頭 0.0% 0.0% 0.0%

サンデーサイレンス(SS)およびその後継種牡馬の産駒がワン・ツー・フィニッシュ4回、過去2年は掲示板を独占と圧倒的な成績を残している。出走馬の半数近くがSS系なので上位に来る回数が多くなるのも当然だが、勝率8.1%という数字も平均以上だ。とりわけ1〜5番人気の時に6勝・2着5回・3着3回と安定している。

対抗格がノーザンダンサー系。こちらはForest Wildcat産駒エーシンフォワードの13番人気勝利があって人気薄でも侮れない。ともに1番人気だったカンパニーが1着、グランプリボスが2着というナスルーラ系も、人気馬なら走れそうだ。

【過去10年の連対馬の父と母父】

この表は右にスクロールできます。

日付L 馬名 種牡馬 母父馬
2014.11.23 1 12 ダノンシャーク ディープインパクト Caerleon
2014.11.23 2 8 フィエロ ディープインパクト Danehill
2013.11.17 1 5 トーセンラー ディープインパクト Lycius
2013.11.17 2 4 ダイワマッジョーレ ダイワメジャー Law Society
2012.11.18 1 1 サダムパテック フジキセキ エリシオ
2012.11.18 2 7 グランプリボス サクラバクシンオー サンデーサイレンス
2011.11.20 1 5 $エイシンアポロン Giant's Causeway Sadler's Wells
2011.11.20 2 1 フィフスペトル キングカメハメハ Bahri
2010.11.21 1 13 $エーシンフォワード Forest Wildcat Cure the Blues
2010.11.21 2 8 ダノンヨーヨー ダンスインザダーク フォーティナイナー
2009.11.22 1 4 カンパニー ミラクルアドマイヤ ノーザンテースト
2009.11.22 2 13 マイネルファルケ ムタファーウエク パークリージェント
2008.11.23 1 7 ブルーメンブラット アドマイヤベガ Topsider
2008.11.23 2 17 スーパーホーネット ロドリゴデトリアーノ エルセニョール
2007.11.18 1 8 ダイワメジャー サンデーサイレンス ノーザンテースト
2007.11.18 2 7 スーパーホーネット ロドリゴデトリアーノ エルセニョール
2006.11.19 1 10 ダイワメジャー サンデーサイレンス ノーザンテースト
2006.11.19 2 7 ダンスインザムード サンデーサイレンス Nijinsky
2005.11.20 1 5 ハットトリック サンデーサイレンス Lost Code
2005.11.20 2 12 ダイワメジャー サンデーサイレンス ノーザンテースト
2)連軸はノーザンダンサーの血を引く馬から選べ

母の父の系統別成績は以下の通り。母父ノーザンダンサー系が主軸で、逆に冴えないのが母父SS系とナスルーラ系だ。

この表は右にスクロールできます。

母父の系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 0回 1回 1回 25頭 0.0% 4.0% 8.0%
その他のヘイルトゥリーズン系 1回 0回 0回 11頭 9.1% 9.1% 9.1%
ノーザンダンサー系 7回 4回 7回 66頭 10.6% 16.7% 27.3%
ナスルーラ系 0回 1回 0回 25頭 0.0% 4.0% 4.0%
ミスタープロスペクター系 1回 1回 0回 26頭 3.8% 7.7% 7.7%
その他の系統 1回 3回 2回 25頭 4.0% 16.0% 24.0%

重視したいのは、やはりノーザンダンサーの血。過去10年のうち9年は「父ノーザンダンサー系」か「母父ノーザンダンサー系」のどちらかが連対している。2013年のみSS系×ミスタープロスペクター系のトーセンラーが1着、SS系×リボー系のダイワマッジョーレが2着となったが、トーセンラーにはノーザンダンサーの4×5(×5)のインブリード、ダイワマッジョーレにはノーザンダンサーの4×4のインブリードがあった。

軸馬は「父か母父がノーザンダンサー系」「最低でもノーザンダンサーのインブリードを持つ」という観点で選ぶべきだろう。

3)純粋なマイラー血統では勝ち負けできない

過去10年の勝ち馬の父について、マイル戦と2000m以上における現役成績を調べてみた。

この表は右にスクロールできます。

種牡馬 マイル/2000m以上G1での成績
サンデーサイレンス なし/ケンタッキーダービー、BCクラシックなどで1着
アドマイヤベガ なし/日本ダービー1着
ミラクルアドマイヤ なし/なし
Forest Wildcat なし/なし
Giant's Causeway サセックスS/英国際S、愛チャンピオンSで1着
フジキセキ 朝日杯3歳S/なし
ディープインパクト なし/3歳クラシック三冠など

サンデーサイレンスは中距離タイプといえるはずだが、短距離のG1馬も多数出している。アドマイヤベガは母が桜花賞馬ベガだ。現役時3戦1勝(マイルのデビュー戦でのみ勝利)のミラクルアドマイヤは、兄がフサイチコンコルド、弟がアンライバルドで2000m以上への対応力を感じさせる血統。ミラクルアドマイヤの父トニービンからはベガやノースフライトといったマイルG1馬が出ている。

Giant's Causewayはマイル〜中距離が守備範囲。フジキセキは早々に引退したため2000m以上のG1は出走経験すらないが、弥生賞を完勝している。Forest Wildcatだけは代々スプリンターといえる血統、種牡馬成績としても短距離タイプながら、産駒エーシンフォワードが勝った年は1分31秒8のレコード決着という非常識なまでのスピード勝負だった。こうした場合のみ快速血統が活躍できるのだろう。そしてディープインパクトには、トーセンラー以外にもジェンティルドンナ、ヴィルシーナ、ハープスター、リアルインパクトといったマイルG1勝ち鞍を持つ産駒がいる。

純粋なスプリンター〜マイラー血統でも、中長距離血統でもダメ。マイルでも2000m以上でも走れる素養を重視したい。

4)芯の通った母系であることが望ましい

過去10年の勝ち馬を見ると、ハットトリックの母は米G2勝ち馬、ダイワメジャーの母は重賞4勝、ブルーメンブラットの兄は北海道スプリントCを勝っている。カンパニーの母系からは、トーセンジョーダンやビッグテースト、レニングラードなど活躍馬がゾロゾロと出ているし、エーシンフォワードの母系からは種牡馬Quiet Amelicanが出た。エイシンアポロンの弟はドバイでG1勝利、サダムパテックは母が3勝馬。トーセンラーの母もアメリカで3勝し、トーセンラーの弟スピルバーグが天皇賞(秋)を勝った。ダノンシャークは妹もオープン勝ち馬で、母系からは凱旋門賞勝ち馬モンジューが出ている。

母系の現役成績・繁殖成績が優秀なほど、期待は高まるといえるだろう。

結論

ほぼ絶対的な条件といえるのが「父はSS系またはノーザンダンサー系」。ただしSS系は人気サイドであることが望ましい。「父か母父がノーザンダンサー系(最低でもノーザンダンサーのインブリード)」もマスト。プッシュ材料となるのが「父がマイル・2000m以上のG1で走れる血統」と「優秀な母系」という条件だ。他では「父ナスルーラ系」も、人気サイドのみ連軸候補になってくる。

逆に割り引きたいのが「父がSS系以外のヘイルトゥリーズン系やミスタープロスペクター系」「母父がサンデーサイレンス系とナスルーラ系」の各馬である。

父SS系×母父ノーザンダンサー系というタイプでは、昨年の勝ち馬ダノンシャークのほか、同じくディープインパクト産駒のフィエロ(叔父がロックオブジブラルタル)とサトノアラジン(姉がラキシス)に要注目。5番人気以内なら、ぜひ狙いたい。

父ノーザンダンサー系では、アルビアーノは父Harlan's Holidayがダート中距離タイプ、ロゴタイプは父ローエングリンがマイラーなので、強くはプッシュできない。

不安なのは父がスクリーンヒーローのモーリス、ノーザンダンサーの血が薄いイスラボニータだ。

【フィエロの血統表】

この表は右にスクロールできます。

ディープインパクト
 Deep Impact
 2002年 鹿毛(早来町)
*サンデーサイレンス
 Sunday Silence
 1986年 青鹿(米)
Halo
1969年(米)
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well
1975年
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss
*ウインドインハーヘア
 Wind In Her Hair
 1991年 鹿毛(愛)
Alzao
1980年
Lyphard Northern Dancer
Goofed
フィエロ
 Fiero(JPN)
 牡 6歳 父 7歳・母 7歳時産駒
 2009年 青鹿(千歳市)
Lady Rebecca Sir Ivor
Pocahontas
Burghclere
1977年
Busted Crepello
Sans Le Sou
Highclere Queen's Hussar
Highlight
Danehill
 1986年(米)
Danzig
1977年(米)
Northen Dancer Nearctic
Natalma
Pas de Nom Admiral's Voyage
Petitioner
Razyana
1981年
His Majesty Ribot
Flower Bowl
*ルビー
 Ruby
 2002年 鹿毛(愛)
Spring Adieu Buckpasser
Natalma
Offshore Boom
 1985年
Be My Guest
1974年
Northen Dancer Nearctic
Natalma
What a Treat Tudor Minstrel
Rare Treat
Push a Button
1980年
Bold Lad(IRE) Bold Ruler
Barn Pride
River Lady Prince John
Nile Lily