JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第31回 マイルチャンピオンシップ特集 2014年11月23日(日)15時40分発走 京都競馬場 芝1600m

【トーセンラー】

京都大賞典から中5週での参戦というのは昨年と同じだが、今年の方が追い切り本数は豊富で意欲的な調整過程といえる。ここ2週は武豊騎手を背に坂路で僚馬と併せ、先週はラスト200m12.0秒と鋭く伸びて先着。今週はラスト150mから軽く追われる程度だったが、軽快な動きで格下馬にきっちり先着した。絶好の仕上がりだった昨年には及ばないが、好状態と見ていいだろう。

【ミッキーアイル】

前走後も順調に乗り込まれていたが、先週坂路で放馬するアクシデント。ただカラ馬で800m49.8秒なら想定外の負荷がかかったとは言いにくく、それほど心配しなくていいだろう。今週は浜中騎手を背に坂路で単走追い。追い出されて外ラチを頼る面は見せたが、800m51.2秒、ラスト200m12.4秒の好時計をマークした。状態面は万全と見てよさそうだ。

【ワールドエース】

前走から中5週とやや間隔が空いたが、自厩舎に残ってじっくり乗り込まれており、調教量は十分だ。ここ2週はブドー騎手を背に坂路で格下馬と併せ、終い一杯に追われて先週は800m51.7秒の好時計で大きく先着。今週はラスト250mから強めに追われ、ラスト200m12.4秒としっかり反応して楽々先着した。大敗後だが、状態面に不安はなく、好仕上がりと見ていい。

【フィエロ】

前走後もすぐに馬場入りを再開してきちんと乗り込まれており、調整過程は極めて順調だ。先週の金曜日に軽めの追い切りを消化し、今週は福永騎手を背に坂路でオープン馬と併せ馬。中間地点からぴったり併走し、ラスト150mからしっかり追われて併入した。前半セーブしたとはいえ、ラスト200m11.9秒は優秀で、現時点の実力を出し切れる好仕上がりだ。

【クラレント】

前走後は放牧を挟んで10月下旬に栗東へ帰厩。やや急ピッチ気味の調整過程だが、3週続けて併せ馬を消化しており、調教量に問題はないと見ていい。今週は助手を背に、坂路で僚馬と併せ馬。びっしり追われて格下馬と併入という内容は物足りなく映るが、調教駆けしないタイプだけに心配はない。体調の波が元々少なく、今回も状態面は近走と大きな変動はなさそうだ。

【グランプリボス】

スワンSから中2週で出走していたここ3年とは違い、今年はスプリンターズSから中6週での出走。放牧からの帰厩がレースの2週間半前と遅いが、牧場での乗り込みを考慮すれば問題ない範囲だろう。今週は助手を背に坂路で僚馬と併せ、余裕残しの手応えで楽に先着。馬場の荒れた時間帯だけに時計は平凡だが、動きは悪くなく、現状の力は出せる仕上がりだ。

【ダノンシャーク】

富士Sから中3週での出走は昨年と同じだが、今年の方が馬場入り再開時期も早く追い切り本数も増えており、順調さでは昨年以上といえる。ここ2週は坂路で僚馬と併せ、先週は岩田騎手を背に800m50.8秒の自己ベストをマークして先着。今週は助手を背に終い重点だったが、追い出されるとしっかり反応して先着した。絶好の仕上がりと見てよさそうだ。

【グランデッツァ】

前走後は放牧を挟んで11月5日に栗東へ帰厩。レースの2週間半前と時期的にはやや遅く、追い切り本数も少ないだけにやや物足りない調整過程ではある。今週は秋山騎手を背に坂路単走でしっかり追われたが、ラスト200mで13.1秒と粘りを欠いてしまった。ただ調教の動きからは調子が掴みにくいタイプで、馬体重が回復している分、前走よりは上向きと見ていい。

【その他の出走馬】

サンライズメジャーは控え気味の追い切りで物足りなく映るが、同じような調整過程で結果を出しており、状態面に全く問題なし。タガノグランパは菱田騎手を背にWコースでG1馬と併せて遅れたが、この馬なりには動けており近走と変わりない状態。ロゴタイプは先週、今週と好調教を見せており、最近では間違いなく一番の好仕上がりだ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN