JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第29回 マイルチャンピオンシップ特集 2012年11月18日(日)15時40分発走 京都競馬場 芝1600m

マイルチャンピオンシップとは

秋のマイル王決定戦

 1984年、短距離路線の充実を図るため、4歳(旧表記)以上の定量戦としてG1「マイルチャンピオンシップ」が創設された。第1回から変わらず、11月の京都開催の第3週目に外回り・芝1600mで行われている。春の安田記念と並んで、マイラー日本一を決めるレースとして位置付けられている。

 98年に国際競走に指定。外国馬は5頭まで出走可能だったが、04年に国際G1に格付けされたことで9頭まで可能となった。なお、08年からは4週連続で行われる国際G1競走シリーズ「ジャパン・オータムインターナショナル」の2戦目となっている。

 また、今年からレーティングの上位5頭に優先出走が認められることになった。

同一年での両G1制覇は5頭

マイルチャンピオンシップ写真

 安田記念とマイルCS。マイラーの頂点を決める2つのレースを同一年に制覇した馬は過去に5頭いる。

 まずはニホンピロウイナー。記念すべき第1回のマイルCSを制した同馬。翌85年は春秋マイルG1制覇を果たした。2頭目は94年のノースフライト。牝馬では現在まで同馬ただ1頭の快挙。続いては、98年のタイキシャトル。海外のジャック・ル・マロワ賞をはさみ、マイルG1を3連勝。絶対的な力を見せつけた。翌99年のエアジハード。春はグラスワンダーを、秋はキングヘイローを破っての優勝となった。そして、07年のダイワメジャー。G1通算5勝目を春秋マイル制覇で飾った。

優勝ジョッキーも注目

 今年で29回目を迎えるこのレース。武豊騎手がまだ制していないG1(他は朝日杯FS)としても知られている。

 逆に複数回優勝している騎手が多く、過去3勝を挙げているのは4人。現役では横山典弘騎手、池添謙一騎手の2人(他には引退した岡部幸雄氏、河内洋現調教師)。横山典騎手は95年トロットサンダー、97年タイキシャトル、09年カンパニーで優勝。池添騎手は03年、04年連覇のデュランダル、昨年のエイシンアポロンで制覇している。

 また、現役騎手で2勝しているのは、安藤勝己騎手(06年・07年)、蛯名正義騎手(99年・02年)、O・ペリエ騎手(01年・05年)の3人。どの騎手が制するかも見どころの一つだ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN