JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
マイルチャンピオンシップ特集
レース情報へ 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析へ コース解説 有力馬情報へ 調教情報へ レース回顧へ

秋の最強マイラー決定戦 京都芝1600m(外回り)〔Cコース〕

コース図(京都芝1600m)Cコースだが直線距離は不変

 昨年の同週は3日間の変則開催のため5日目に施行されたが、今年は通常通り5回開催の6日目に行われる。同開催は後半4日間がCコースを使用。よって、今週はコース替わりとなりCコースで施行となる。前週のBコースから直線部、曲線部がそれぞれ3m外側へ移動し、幅員(22〜31m)が狭くなる。よって一周距離は長くなるが、最後の直線距離は内回り・外回りともにBコースと変わらない。

 例年、エリザベス女王杯の週あたりから馬場の内側が傷み始め、最後の直線で馬場の真ん中より外に出した馬が伸びる傾向にある。しかも、前週は渋った馬場でレースが行われた。今週からコース替わりでも再度馬場の内側が劇的に保護されるようなことはなく、経済コースを通った馬が有利ということはない。しかし、昨年の本競走2着のスーパーホーネットのように終始外々を回らされると厳しくなるだろう。

レース写真(京都芝1600m)本競走では中枠が有利

 スタート地点は向正面直線の2コーナーのポケット。3コーナーまで一直線で、距離も約700mとたっぷりあるので、コース形態上は枠順の有利・不利はないと考えていい。ただし、内側の馬場の傷みにより、マイルCSは内の1枠、2枠は非常に不利。過去10年、連対馬は出ていない。3着が4回あるだけだ。勝ち馬は3枠から7枠に集中している。中でも4枠が優秀で3勝、連対率25%でトップ。一方、8枠は【0.3.1.24】で連対率10.7%という成績。大外も少し割引が必要だ。

一貫して速い流れで、差し馬が有利

 近年、前半600m通過は34秒台で推移している。過去10年で最速はアグネスデジダルが大外一気で突き抜けた00年と、ダイワメジャーが2番手から押し切った06年の34秒0。強力な逃げ馬がいない限りは、極端なハイペースにはならない。一方、過去10年でテンの3ハロンが最も遅かったのはゼンノエルシドが勝った01年(35秒4)。スローペースにもなりにくい。中盤の600mから1000mの時計は、普通ならば23秒台前半。23秒を切るとかなり厳しいペースとなり、差し・追い込み馬が飛んできやすい。

 レースのラスト3ハロンの平均は34秒1、平均勝ちタイムは1分32秒8。安田記念よりもスピードに特化したレースで、スタートからゴールまで一貫して速いラップを刻み、高速時計でフィニッシュという極限のスピード能力が求められる。脚質の傾向は、逃げ馬は不利。全体的に前々で追走し、押し切るには相当な力が必要。差し馬が最も有利。追い込みでも十分勝負になる。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN