JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
マイルチャンピオンシップ特集

スーパーホーネット

前走から中5週とゆったりした間隔だが、中間も休みなく乗り込まれており調整過程は順調だ。レースの3週間前から速い追い切りを開始し、先週は坂路800m51.4秒の好タイムをマークした。今週はDWコースで大きく先行する併走馬を追いかけ、直線で追われると力強い伸び脚を見せて楽に先着。時計的にも上々だった。状態面は万全と見てよさそうだ。

カンパニー

関東遠征帰りでの中2週と間隔詰まっているが、レースの4日後からきっちり乗り込まれており、馬体回復に専念した前走時より順調度で上回っている。今週は横山騎手が駆けつけ、坂路で前半からびっしり追われ800m52.0秒の好タイムをマークした。ラスト200mこそ14.2秒とかかったが、走りに乱れはなく動きもよかった。好状態をキープしている印象だ。

ローレルゲレイロ

骨折休養明け後の中2週だが、この中間は1週前からきっちり3本も追い切られており、手加減しない調整過程は大レースに向けての意欲十分と言える。最終追い切りは開門直後の走りやすい馬場状態だったとはいえ、800m51.2秒の一番時計をマークした。順調さを感じる好内容で、高いレベルでの好状態をキープと見てよさそうだ。

ブルーメンブラット

前走から中4週になるが、中間は休みなく乗り込まれて2週前追いから徐々にピッチを上げる理想的な調整過程を見せている。1週前は時計かかる時間帯に追われたこともあってやや走りにくそうだったが、ひるむことなくしっかりした動きを披露。今週は終い一杯に追われたが、ラスト400m12.6−12.7秒は馬場状態を考慮すれば優秀だ。好調キープと見てよさそうだ。

スズカフェニックス

今秋4戦目に加えて前走から中2週と使い込んでいるが、この中間は軽めの物も含めて3本の追い切りを消化するハード調整は意欲十分と言えそう。最終追い切りは坂路で13.1−12.9−13.1−13.3秒という精密機械のようなラップを踏む好調教で、動きもラストまで力強かった。仕上がり万全と見てよさそうだ。

エイシンドーバー

休み明け後の中3週になるが、この中間もいつも通りプール、DWコース、坂路を併用して順調に乗り込まれており、調整過程に問題はない。1週前追い切りは金曜日になったが、長めからラストまでしっかりした動きを見せた。ただ今週は坂路でびっしり追われるも、終いはフラつき気味で時計も平凡とやや案外な動き。大きな上積みは見込みにくい。

マイネルレーニア

春先から休みなく使われているが、中2週できっちり2本の追い切りを消化しており、中間は疲れもなく極めて順調と言える。1週前は控えめに終始したが、今週はラスト800mからペースアップしてびっしり追われた。直線を向いて仕掛けられると素晴らしい加速を見せ、ラスト200mは11秒台半ばの切れ味を披露した。絶好調を維持していると見てよさそうだ。

サイレントプライド

休み明けでの激走後になるが、この中間もいつも通りの調教メニューを消化しており、調整過程は順調そのものと言える。今週の最終追い切りは、坂路で1本目に800m60.4秒とそこそこの時計を出した後、びっしり追われた2本目では800m49.8秒、ラスト200m12.0秒と破格の好タイムをマークして見せた。大一番へ向けて渾身の仕上げを施された印象だ。

その他の出走馬

キストゥヘヴンは前走後も順調に調教を消化しているが、好調時に比べるとやや動きが物足りない感じ。マルカシェンクは先週、今週と2週続けて長めからびっしり追われるハードな調整過程で、巻き返しへの意欲十分と言えそう。ラーイズアトーニーは木曜日に京都芝コースで追われ、ほぼ馬なりで11秒台のラップをマークしており、馬場適性はありそうだ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN