JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第75回 菊花賞特集 2014年10月26日(日)15時40分発走 京都競馬場 芝3000m

菊花賞とは

牡馬クラシック三冠の最終戦

 1938年にイギリス最古のクラシック競走・セントレジャーSに範をとり、「京都農林省賞典四歳呼馬」の名で創設。春の皐月賞・日本ダービーに続く牡馬クラシック三冠の最終戦として位置付けられている。第1回から京都競馬場・芝3000mで施行(79年のみスタンド改修により阪神で開催)。48年にレース名が現在の「菊花賞」へと改称された。

 84年のグレード制導入ではG1に格付け。95年には地方馬の出走が認められ、01年からは外国産馬も出走可能となった。10年には国際競走に指定。外国馬は最大9頭まで出走できるようになった。なお、今年は日本中央競馬会設立60周年を記念し、『JRA60周年記念競走』として行われる。

未経験の距離で生み出されるドラマ

菊花賞写真

 二冠目のダービーから時期が離れており、また未経験の3000mというスタミナが問われる舞台でさまざまなドラマが生み出されてきた。

 鮮やかに三冠を達成したディープインパクトやオルフェーヴル、最後の一冠で涙をのんだミホノブルボンやネオユニヴァース。一流のステイヤーとして第一歩を踏み出したライスシャワー、マンハッタンカフェ。夏の勢いが爆発したヒシミラクル、オウケンブルースリ。

 昨年は皐月賞・ダービーで惜しくも2着に敗れたエピファネイアが悔しさを晴らすような快勝を見せた。今年は京都の長丁場でどんな名場面が繰り広げられるだろうか。

ダービー馬の出走は3年ぶり

 今年の菊花賞には日本ダービーを制したワンアンドオンリーが出走予定。ダービー馬の出走はオルフェーヴル以来、3年ぶりとなる。71年のタケホープ以来となるダービー・菊花賞の二冠制覇を狙う。

 他にも皐月賞2着のトゥザワールド、神戸新聞杯でワンアンドオンリーに迫ったサウンズオブアース・トーホウジャッカル、条件戦2連勝中のゴールドアクターら上がり馬も参戦。ダービー馬の二冠制覇か、他馬がラスト一冠を奪取するか、目が離せない一戦だ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN