JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
菊花賞特集
レース情報 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析へ コース解説へ 有力馬情報へ 調教情報へ レース回顧へ

菊花賞とは

由緒ある牡馬クラシック最終戦

 1938年、イギリスのセントレジャーに範をとって創設された、牡馬クラシックレースの3戦目。本場イギリスのセントレジャーは近年のスピード重視傾向から衰退しているが、日本の菊花賞は今も根強い人気があり、3冠最終戦として注目されるレースだ。

 当初は「京都農林省賞典4歳呼馬」と呼ばれていたが、1948年から「菊花賞」と名を改められ、第1回からずっと秋の京都で行われている(79年のみ馬場改修のため阪神で開催)由緒正しきレースである。

 なお、1987年、3歳馬が天皇賞・秋に出走可能となり、以降は中距離馬が菊花賞を回避して天皇賞・秋へ向かうケースが見られるようになった。また、2000年から開催を2週間早めて10月に行われるようになり、それまで厳しかった「菊花賞からジャパンカップへ」というローテーションが楽になった。

 なお、皐月賞、日本ダービーに続きこのレースを優勝して3冠馬になった馬はこれまで6頭。セントライト、シンザン、ミスターシービー、シンボリルドルフ、ナリタブライアン、ディープインパクトである。

菊花賞写真ステイヤーから瞬発力型へ

 3000mの長丁場であり、長距離血統の馬が台頭するケースが過去には数多くあった。60年代、70年代はもちろんのこと、80年代のミナガワマンナやホリスキー、メジロデュレン、スーパークリーク、90年代に入ってもメジロマックイーンやライスシャワーは長距離血統が開花した典型的な例と言えるだろう。

 しかし、90年代半ばからはスローペースで流れるのが当たり前となり、スタミナ一辺倒では難しく、瞬発力がないと勝てないレースとなっている。

ダービー馬不在だと荒れる!?

 過去10年、ダービー馬が不在だった菊花賞は4回(02、04、07、08年)。そのうち3回は馬連万馬券決着で、ダービー馬不在の年は波乱傾向にある。02年は、上がり馬ヒシミラクルが優勝し、2着には16番人気のファストタテヤマが入り、馬連は900倍台の大波乱。04年は、前走1000万下特別を勝利したばかりのデルタブルースが優勝して、馬連は100倍台。07年は、馬連20倍台の決着だったが、昨年はまた2着に16番人気のフローテーションが突っ込み、馬連は170倍台の波乱となった。

 今年は、ダービー馬ロジユニヴァースが不出走。皐月賞馬アンライバルドとダービー2着馬リーチザクラウンは、ともに前哨戦の神戸新聞杯で敗退。今年も荒れそうな予感はするが…

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN