JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
有力馬情報

ロックドゥカンブ本命候補に躍り出た無敗の南半球産馬

ロックドゥカンプ写真
無傷の4連勝でセントライト記念を制覇したロックドゥカンブ

3月のデビュー以来、重賞2勝を含み4戦4勝。南半球産馬で他馬よりも斤量が軽いとはいえ、すべて違う競馬場での無傷の快進撃は賞賛に値する。半年ほどの遅生まれを全く感じさせないメンタルの強さも特筆すべきもの。前走のセントライト記念では4コーナーの馬群で多少もたつくシーンがあったが、直線に入っての伸びは確かだった。今回、初のG1となるが、日本ダービー6着のゴールデンダリアに完勝。大本命馬不在の今年の牡馬クラシック戦線だけに、京都の速い上がりに対応できればいきなり頂点の座に就く可能性は十分。

ドリームジャーニー蘇った豪脚でマイラー説を一掃

ドリームジャーニー写真
豪快な末脚で神戸新聞杯を快勝したドリームジャーニー
前走神戸新聞杯を大外から上がり34秒5の豪脚で快勝。昨年の朝日杯FS以来の重賞制覇を飾った。それまでの勝ち鞍がすべて1600m以下であったため、マイラー説を唱える声も多かったが、日本ダービーで4角シンガリから5着まで押し上げた差し脚は本物だった。血統的にもメジロマックイーンの肌にステイゴールドという配合で、3000mの距離でも不安はないはずだ。問題は極端な追い込み脚質なため、展開や流れに左右されやすいということ。重賞2勝が急坂のある中山・阪神であり、逃げ・先行馬の脚が止まる展開にならないと末脚不発に終わる可能性がある。

アサクサキングスダービー最先着馬の実力と粘り強さ

夏のインフルエンザ騒動で帰厩が遅れ、不十分な調整のまま挑んだ前走の神戸新聞杯は2着。最後は勝ち馬の決め手に屈したが、ライバルの先行馬を競り落としての内容で、中身は濃かった。14番人気で2着に逃げ粘った日本ダービーもフロックではないだろう。皐月賞や宝塚記念のように最後の直線に入る前に急かされる展開は厳しいが、揉まれずに自分のペースで走れれば力を発揮。3000mという距離も、京都の外回りコースは向きそうな印象がある。切れる脚はないが、自分から仕掛けていけるのは強み。粘り込みを狙いたい。

ヴィクトリー難関の3000mを克服し2冠を狙う良血馬

テンからガツンと行ってしまう難儀な気性を上手く利用して、勝ち取ったのが皐月賞。一方、スタートで出遅れて終わってしまったのが日本ダービー。必ずしもハナを主張する馬ではないが、レースに注文がつく馬であるのは間違いない。前走の神戸新聞杯は2400mの距離で5番手からの競馬ができたが、終始掛かり気味で鞍上が抑えるのに一苦労。それでも最後はバッタリ止まらず3着に入ったのは能力の証で、前走の評価は意見が分かれるところだろう。半兄にリンカーンがおり、底力とスタミナは申し分ない血統だが、現実の600mの距離延長は不安が残る。

アルナスライン古馬のトップクラスに食い下がった伏兵

前走の京都大賞典3着で一躍注目となった遅れてきた伏兵。骨折による7ヶ月半の休養明けで、古馬トップクラスのインティライミ、ポップロックと0.3秒差に好走した実績は高く評価できる。この春は京成杯3着、すみれS1着と、無事ならばクラシック戦線に乗っていた馬。元々、潜在能力は高く、楽しみな1頭だ。前走から中1週というやや厳しいローテーションになるが、馬体重が540キロもある大型馬だけに、叩いての上積みはありそう。二走ボケで反動がでなければ、上位争いに食い込む期待は十分。

デュオトーンヒケを取らない長距離のキャリアと実績

デビューは6月末の函館と非常に遅かったが、わずか3ヶ月弱の間で3つの勝ち星を積み上げた。前走の兵庫特別では同年代のタガノファントム、エーシンダードマンに競り勝っての勝利。いつも勝ち方は地味だが、追って確実に伸びる末脚と勝負根性には光るものがある。直前に古馬混合の1000万クラスの芝2400mを勝ったのは大きく、04年の菊花賞馬デルタブルースに通じるものがある。初の重賞がG1、一気の相手強化と克服すべき事は多いが、今回は全馬未経験の芝3000m。長距離でのキャリア・好走実績では決してヒケを取らない。

サンツェッペリン鞍上が公言する菊花賞での高適性

秋の初戦はセントライト記念を予定していたが、インフルエンザ騒動に巻き込まれたため、オールカマーからの始動。一週間出走を延ばしたものの、追い切りの動きが春に比べると明らかに悪く、前走の9着という大敗は仕方がないだろう。よって、叩かれての一変が絶対に必要になってくる。鞍上の松岡騎手は、本馬を評して「クラシックで一番合うのは菊花賞」とコメント。地味な存在ながら皐月賞2着、ダービーでも4着と崩れなかった地力があるだけに、それ以上のパフォーマンスが発揮できるなら再びアッと驚く激走が見られるかもしれない。

ホクトスルタン最強ステイヤーの父から受け継がれる力

前走の神戸新聞杯は前半からゴールドキリシマに競られる展開の中、直線でバッタリいかず、かなりの粘りを見せて4着。人気通りの結果だったが、春の青葉賞やゆりかもめ賞のように大きく失速しなかったところに成長の跡がうかがえる。かつてはマンハッタンカフェやファインモーションが勝って飛躍を遂げた札幌の阿寒湖特別を勝った点も注目に値する。父は90年の菊花賞馬で、90年代を代表する最強のステイヤー。スピード化が顕著な現在では、華々しい産駒の活躍は望めない状況だが、淀の3000mは可能性を感じさせる舞台。長距離血統の力を見せつけたい。

ヒラボクロイヤル侮れない青葉賞快勝の実力馬

アサクサキングスと同じ大久保龍志厩舎の所属馬。本馬もインフルエンザ騒動で帰厩が遅れ、前走の神戸新聞杯は仕上がり途上で7着に敗れた。初勝利に6戦を要したように、叩き良化タイプの馬が追い不足のうえ、休み明けでは、勝ち負けにならないのは当然だった。日本ダービーの16着大敗は、逆に使い詰めによる疲労が原因の可能性も。今回、万全の体勢に持っていくのは難しいかもしれないが、春は青葉賞で鮮やかな末脚を見せて快勝。長距離の適性・能力の高さは決して侮れない。

フサイチホウオー立て直し急務のクラシック最有力候補

フサイチホウオー写真
皐月賞で見せたフサイチホウオーの豪脚は幻だったのか?

今年の前半までは押しも押されもせぬクラシックの最有力候補。しかし、皐月賞は負けて強しも追い込みきれず3着。ダービーではレース前からテンションが高く、道中折り合いを欠いて7着に敗れ、結局春は無冠に終わった。そして、汚名返上で挑んだ前走の神戸新聞杯。1番人気に推されるも、またもや人気を裏切り12着に終わった。この夏は栗東滞在で調整にぬかりはなく、道中折り合いもスムーズ。それでいて、直線全く伸びないのは疑問の一言。距離、あるいは精神面が問題か。ショッキングな敗戦となり、本番に向けて暗雲が立ち込めている。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN