JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

レーヴディソール デビュー3連勝で2歳女王の座[2010年]

良血馬たちが百花繚乱

 2010年の第62回阪神ジュベナイルフィリーズには多くの良血馬が集まり、いずれも高い支持を得ていた。桜花賞馬ダンスインザムードの娘ダンスファンタジア、GI2勝馬トールポピーの妹アヴェンチュラ、タレンティドガール〜チヨダマサコと遡る名牝系出身のホエールキャプチャ、オークス馬エリモエクセルの娘リトルダーリンといった面々である。

 その中で、単勝オッズ1.6倍という断然人気に推されたのがレーヴディソールだ。

 父はダイワスカーレットやディープスカイなどを出して「サンデーサイレンス最良の後継種牡馬の1頭」とされるアグネスタキオン、母はレーヴドスカーという血統である。

毎年重賞級の活躍馬を出してきた母馬

レーヴディソール写真

 レーヴドスカーは仏G1サンタラリ賞の勝ち馬で、ヴェルメイユ賞やオペラ賞では2着になるなど世代屈指の活躍を見せた牝馬。繁殖牝馬として日本に輸入されると、すみれS1着のナイアガラ、阪神ジュベナイルフィリーズ2着のレーヴダムール、青葉賞勝ち馬アプレザンレーヴ、きさらぎ賞2着のレーヴドリアンと、産駒は軒並み重賞級へと出世していた。

 もちろんレーヴディソールにも大きな期待がかけられ「きょうだい初のGI制覇を」との夢を託されることとなる。その夢の実現へと向かってレーヴディソールは着々と、そして素晴らしい歩みを続けてきた。

 9月・札幌の新馬戦では、後にアーリントンCを制するノーザンリバーに1馬身4分の1差をつけてデビュー勝ち。続くデイリー杯2歳Sでも、後のNHKマイルC勝ち馬グランプリボスら牡馬勢を一蹴、やはり1馬身4分の1差の差し切りで重賞初挑戦初制覇を果たしたのである。

他馬をねじ伏せる鮮やかな末脚

 こうして迎えた大一番。レーヴディソールはまたも鮮やかなパフォーマンスを見せつけた。

 1000m通過61秒2のスローで流れたレースは、直線での末脚比べへと持ち込まれる。ここで外から一気に脚を伸ばしてきたのがレーヴディソール。道中はひたすら折り合いだけに気をつかい、いざ追い出されると急加速。先行勢を並ぶ間もなく交わし去り、早めに抜け出したライステラス、馬群を縫って差してきたホエールキャプチャもねじ伏せてゴールへと飛び込む。

 期待された通りの鋭い末脚を披露して、大本命の素質馬がデビュー3連勝で2歳女王の座へと就いたのであった。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN