G1特集 第69回 阪神ジュベナイルフィリーズG1特集 第69回 阪神ジュベナイルフィリーズ

有力馬情報

競馬予想のJRA-VANトップ > G1特集 > ジュベナイルフィリーズ > 2017 > 有力馬情報

ロックディスタウン オルフェーヴル産駒の第一号

ロックディスタウン
札幌2歳Sでの競り合いを制したロックディスタウン

今年デビューの新種牡馬、オルフェーヴル産駒の重賞勝ち第一号が本馬となった。新潟で勝ち、札幌へ場所を移して結果を出したこと自体がかなり優秀。同じ1800mのレースでも馬場が全く異なるため、力がないとできない芸当だ。近親にゼンノロブロイがいる優秀な牝系。あまり早い時期からバリバリ動けるわけではなく、また、マイル戦よりも距離は長めの方が良さそうな印象。その点がどうかだが、現時点でも勝負にはなるはず。前走は僅差の勝利だが、レースレベル自体はかなり高い。自分から動いていき、後続をねじ伏せるレースをしたい。

ラッキーライラック レースセンスと非凡な能力

ラッキーライラック
アルテミスSを完勝したラッキーライラック

前走は2番人気だったが、デビュー戦の内容はかなり強かった。スローペースで全体の時計こそ遅いものの、好位から上がり33秒1の脚で抜け切って見せた。前走アルテミスSも理想的な競馬。外目からダッシュよく飛び出して前目での追走。最後の直線では堂々と抜け出してサヤカチャン以下を振り切った。本馬もオルフェーヴル産駒であり、レースセンスと非凡な能力を感じさせる。初の右回りを心配しても仕方ないし、今度は輸送が短くなる点を歓迎と見るべきだろう。枠順によっては目標にされてしまう可能性はあるが、自分の競馬を貫きたい。

リリーノーブル 2戦2勝のルーラーシップ産駒

10月に行われた東京芝1600m(牝)のデビュー戦を勝利。2着に3馬身半の差をつける内容で、時計的にもなかなか優秀だったと言える。前走白菊賞は1番人気に応えて見事に勝利。これで2戦2勝とした。時計的には目立つものではなかったが、将来性は明るい。問題は今回どれぐらいやれるかだ。現時点での格や実績はあまり関係ないが、ロックディスタウンやラッキーライラックは強敵と思われる。ルーラーシップ産駒はダンビュライトやキセキが活躍馬として出ているが、産駒の総合的な特徴としては距離は伸びた方がいい印象だ。

マウレア 爆発力を秘める血統的

こちらも10月の東京芝1600mでデビュー勝ち。稍重馬場で時計がかかったことを考慮しても、勝ち時計は目立たないものだった。前走赤松賞は良馬場だったが、ペースがかなり遅く、勝ち時計は1分37秒1。レース内容としてはもう一つだが、しっかりと結果を出したことは評価できる。全姉も手塚貴久厩舎で管理されたアユサン。阪神JFは7着だったが、翌年桜花賞を制した。母父がストームバード系であり、ディープインパクト産駒の中でも特に成功例が多い配合だ。時計・決め手勝負は望むところで、阪神芝1600mで爆発する可能性を秘めている。

コーディエライト G1でも残り目に注意

前走ファンタジーSではマイペースの逃げを打てたが、ベルーガの豪脚に屈して2着に終わった。同馬が今回、直前で骨折によるアクシデントで回避となったため、おのずと本馬にも少しチャンスがでてきた。新潟2歳Sでも逃げて2着。ペースはやはり遅かったが、外回りの長い直線でも踏ん張った。未勝利戦の中京芝1400mがかなり強い内容だったし、この2戦は素直に評価すべきだろう。今回はG1の上、直線に坂があるコース。条件としては厳しくなるのは間違いない。それでも前々で早めに動ける点は強みであり、残り目には十分注意したい。