G1特集 第67回 阪神ジュベナイルフィリーズG1特集 第67回 阪神ジュベナイルフィリーズ

有力馬情報

競馬予想のJRA-VANトップ > G1特集 > 阪神ジュベナイルフィリーズ > 2015 > 有力馬情報

デンコウアンジュ 破壊力ある末脚は阪神でも武器

デンコウアンジュ
アルテミスSで大外から差し切ったデンコウアンジュ

前走アルテミスSは12番人気の評価。馬体重が18キロ減り、スタートダッシュも甘くて後方からの追走となった。そのまま最後の直線まで我慢し、大外へ。追い出されるとグイグイと末脚を伸ばし、先に抜けたメジャーエンブレムをゴール寸前で差し切った。ここまでのレース内容からは想像しにくいパフォーマンスだったが、展開に恵まれての激走ではなさそう。末脚の破壊力には一目置くべきで、阪神芝1600mに舞台が変わっても、強力な武器になりそうだ。血統的には地味ながら、現時点では能力上位。ここでも勝ち負けとなりそうだ。

キャンディバローズ 阪神でもシャープな脚捌きが魅力

キャンディバローズ
ファンタジーSを制したキャンディバローズ

前走ファンタジーSでは平均よりやや遅い流れを先団での追走。最後の直線では一団の叩き合いの中、ゴール手前でグイと抜け出して優勝。重賞初制覇を飾った。5番人気の評価だったが、元々力は見せていた馬。2戦目で勝利した札幌芝1500mが、レコードタイムを示す通り、好時計での勝利だった。ファンタジーS自体の勝ち時計は平凡でも、軽視できない理由がここにある。馬体重410キロ前後の小柄ながらシャープな脚捌きが魅力。洋芝をこなしており、多少タフな馬場でも対応できそうだ。阪神替わりでも道悪にならなければ問題ないだろう。

メジャーエンブレム 阪神芝1600mでのレース運びがカギ

前走アルテミスSは8枠からの発走。序盤はじんわりと出て先団にいたが、押さえ切れない手応えで3コーナーからは先頭。そのまま最後の直線に入り、ラチ沿いから押し切るかに見えたが、大外からデンコウアンジュに差されてしまった。2戦目のアスター賞より速い流れで、東京に替わった分、踏ん張りきれなったのだろう。地力を示す内容ではある。ただ、今回は阪神芝1600m。前走同様、前々で押し切るのは難しいコースだ。なるべくならば早く先頭には立たず、できるだけ脚を溜めたい。そうしたレース運びができれば、勝機は十分に出てくる。

アドマイヤリード 決め手を生かして白菊賞を快勝

7月の中京芝1600mでデビュー。同レースで接戦の2着に下したシルバーステートは、次走レコード勝ちし、500万クラスの紫菊賞も制している。本馬は休み明けのファンタジーSで8着と崩れたが、前走白菊賞でキッチリと巻き返して2勝目を飾った。スタートがひと息で後方からの追走となったが、最後の直線は内から馬群を捌いて鮮やかに抜けた。同レース2着のカイザーバルがアルテミスS7着馬であり、勝ち時計的にもそれほど目立つものではないものの、まだ上積みはありそう。血統的に阪神替わりも問題ないだろう。決め手が生きる流れになれば楽しみ。

アットザシーサイド 京都芝1400mで2戦2勝

10月の京都芝1400mでデビュー。スタートはひと息ながら鋭い決め手を繰り出して勝利した。前走秋明菊賞は外回りの京都芝1400mに舞台が変わっての競馬。馬体重はマイナス10キロだったが、前走同様の鋭い瞬発力を繰り出して快勝。2戦2勝とした。母ルミナスハーバーも2歳時に連勝を飾り、06年阪神JFでウオッカの3着と好走している。本質的には本馬も1400mがベストの印象だが、父がキングカメハメハなのでマイルぐらいまでならば十分対応できるだろう。ペースが落ち着いてしまったときでも掛からずに脚をしっかり溜めたい。