JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第66回 阪神ジュベナイルフィリーズ特集 2014年12月14日(日)15時40分発走 阪神競馬場 芝1600m

【レッツゴードンキ】

前走後も休みなく乗り込まれており、中間の調整過程は順調だ。ここ2週は浜中騎手を背に単走で、先週はWコースで1000m64秒前後の好時計が出たものの、折り合いを欠きラスト200mは13秒台と失速気味。今週は坂路で何とか我慢させて終いに脚を残せていたが、折り合い重視の分、全体的に軽めの内容だった。体調面に問題はないが、気性面に課題を残している。

【コートシャルマン】

前走後は放牧を挟んで11月中旬に栗東へ帰厩。3か月ぶりだった前走時より帰厩時期も早く、追い切りの本数も増えており、調教量は十分といえる。今週は助手を背に坂路で古馬を追走する形でスタート。中間地点で内から並びかけ、ラスト200m手前で交わすと最後は大きく突き放した。時間帯を考えると時計も優秀で、上積みを見込める好仕上がりだ。

【ロカ】

前走後に一旦緩めた時期はあるが、11月下旬からはきちんと追い切りをこなしており、調整過程に問題はないとみていいだろう。ここ2週は和田騎手を背に僚馬と併せ、先週はWコースで1000m65秒台の好時計をマークして先着。今週は坂路でやや軽めの内容だったが、余裕十分の手応えで先着した。大きな上積みは感じないが、好状態と見て間違いない。

【ココロノアイ】

関西への輸送を控えているとはいえ、前走から中5週で中間の追い切りが3本というのは過去2戦の調整過程と比べてやや物足りない。ここ2週は助手を背にWコースで追われ、先週は長めからの併せ馬である程度負荷をかける内容を消化。今週は単走で軽めの内容だったが、軽快な脚どりで動きは悪くなかった。上積みは薄そうだが、力は出せる状態と見てよさそうだ。

【ダノングラシアス】

好走している近2走とほぼ同様の追い切り日程をこなしており、順調な調整過程といえる。ここ2週は坂路で僚馬と併せ、先週はビュイック騎手を背に先着はしたが、やや集中力を欠いた感じの走り。今週は中谷騎手を背に終い重点で、軽く仕掛けられたラスト200mは12.4秒としっかり反応して伸びた。近走と変わりなく、実力を出し切れる仕上がりだ。

【ショウナンアデラ】

前走から中2週で関西遠征という厳しい臨戦過程とはいえ、中間の追い切りが今週の坂路1本だけというのはやや物足りなく映る。その最終追い切りは蛯名騎手を背に僚馬と併せ馬。前半の600mを14.3−13.7−13.2秒と徐々に加速し、最後の200mは馬なりで13.1秒と尻上がりのラップを刻んで楽に先着した。全体時計も優秀で、輸送前としては万全といえる状態だ。

【レオパルディナ】

前走後もすぐに馬場入りを再開してきちんと乗り込まれており、調整過程は順調だ。先週は助手を背にWコースで僚馬と併せ、やや内めを回ったとはいえ1000m65秒前後の好時計をマークして大きく先着。今週は武豊騎手を背に坂路単走で、悪路に脚をとられてバランスを崩す場面はあったが、この馬なりにしっかり動けていた。実力を出し切れる仕上がりだ。

【クールホタルビ】

前走後もきちんと追い切りをこなしており、調整過程は順調そのものといえる。中間の追い切りはすべて助手を背に坂路単走で、先週は800m53.0秒、ラスト200m12.8秒としっかり負荷をかける内容を消化。今週は前半かなりセーブした軽めの内容だったが、道中の行きっぷりも上々で追い出されてからの反応も良かった。力を出し切れる好状態と見ていいだろう。

【その他の出走馬】

トーセンラークは前走後に直接栗東入り。間隔は詰まっているが、今週の追い切りもしっかりやれており、動きも悪くなく力は出せる状態。オーミアリスは3か月ぶりの実戦になるが、11月中旬からきちんと追い切りを消化して動きも良く、久々の不安なし。ムーンエクスプレスは今週の追い切りでしっかり動けており、好調キープと見てよさそうだ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN