JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第66回 阪神ジュベナイルフィリーズ特集 2014年12月14日(日)15時40分発走 阪神競馬場 芝1600m

クラシックを目指すヒロイン誕生の舞台 阪神芝1600m〔Aコース〕

コース図(阪神芝1600m)

年内最後の開催も馬場は良好

 5回阪神開催4日目に行われる2歳女王決定戦。今開催は前半6日間がAコースを使用、後半2日間がBコースを使用する。前半が6日間である点は昨年と同じ。阪神ジュベナイルフィリーズはAコース使用で、この点は一貫している。旧コースを含めた過去10年で変わりがない。芝は洋芝(イタリアンライグラス)をオーバーシードした状態。JRAの発表によると、洋芝の育成は順調で、良好なコンディションとなっている。

 先週は500万クラス以上のマイル戦が行われなかったため、直接的な比較はできないが、水準並みの時計は出る馬場だ。特別速くもなければ、遅くもない印象だ。

ペースは平均から速め

レース写真(阪神芝1600m)

 スタート地点はバックストレッチの中間からやや左寄り。平坦のスタートで、3コーナー手前にある内回りコースへの分岐の所で上り坂がある。そして、すぐに下りがあり、緩やかな3〜4コーナーのカーブを回る。4コーナーの出口からは緩やかな下り。最後の直線の半ばまで下がり、そこからすぐに待ち構えるのはゴール前の急坂。Aコース時の最後の直線距離(外回り)は473.6mとなっている。

 コーナーが2回で、直線距離も十分あるコースなので全馬力を発揮しやすい舞台。2歳馬にとってはタフで力を必要とするレースであり、フロックでの好走は難しい。古馬のレースだとスローペースになることも多いのだが、このレースでは平均から速めのペースで流れることが多い。前傾ラップになるので、それゆえに底力が問われることになる。

差し馬が圧倒的に好成績

 脚質傾向にも特徴が表れている。現在の外回りコースとなった06年以降、逃げ馬の成績は【0.0.1.7】。好走したのは06年2番人気のルミナスハーバーのみ。相当な力がある馬でないと残るのは難しいだろう。そして先行馬は【0.3.2.25】。未勝利かつ、好走馬も5頭しかない。12年2着のクロフネサプライズ(15番人気)が含まれており、こちらは人気馬ばかりではないが、やはり狙いにくい。同馬にしても翌年のチューリップ賞を制しており、決してフロックの激走ではなかった。

 そして差し馬は【7.3.3.48】。圧倒的な好成績で、勝ち馬の大半を占める。また、上がり3ハロン3位以内の馬が【8.5.3.10】という成績。終いにしっかりと鋭い脚を使える馬でないと、勝ち負けに加わるのは難しい。追い込み馬は【1.2.2.40】という成績。好走率は先行馬より低いが、こちらの方が勝つチャンスはある。

 枠順傾向は7枠と1枠が複数回優勝を記録。連対率は1枠、5枠がやや優勢。複勝率は5枠がトップ。ただ、基本的には枠順の有利・不利はないコース。あまり気にしなくてもいいだろう。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN