JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第65回 阪神ジュベナイルフィリーズ特集 2013年12月8日(日)15時40分発走 阪神競馬場 芝1600m

2歳牝馬の頂上決戦 阪神芝1600m〔Aコース〕

コース図(阪神芝1600m)

馬場は良好で好時計

 5回阪神開催で行われる2歳女王決定戦。今開催(5回開催)は前半6日間がAコースを使用、後半3日間がBコースを使用。昨年よりもAコースが使用される期間が長いが、阪神JFは例年同様Aコースで行われることになる。芝は洋芝(イタリアンライグラス)をオーバーシードした状態。JRAの発表によると4回開催終了後、傷んだ野芝の回復を行い、洋芝を育成。良好なコンディションとなっている。

 先週土曜日に行われた千両賞(2歳500万)の勝ち時計は1分33秒9(良)。上がりの方が速い展開となったが、34秒台を切ってきた。今週も良馬場ならば好時計が出るだろう。

2歳馬にとってはタフな舞台

レース写真(阪神芝1600m)

 スタート地点はバックストレッチの中間からやや左寄り。平坦のスタートで、3コーナー手前にある内回りコースへの分岐の所で上り坂がある。そして、すぐに下りがあり、緩やかな3〜4コーナーのカーブを回る。4コーナーの出口からは緩やかな下り。最後の直線の半ばまで下がり、そこからすぐに待ち構えるのはゴール前の急坂。Aコース時の最後の直線距離(外回り)は473.6m。幅員は24〜28mに設定されている。

 コーナーが2回で、直線距離も十分あるコースなので全馬力を発揮しやすい舞台。2歳馬にとってはタフで力を必要とするレースであり、フロックでの好走は難しい。ペースはメンバー次第。昨年は厳しい展開となり先団に構えていた馬にとっては苦しかった。レースのラップは前半3ハロンが34秒1、後半3ハロンが36秒4。ダート戦のように上がりがかかる競馬だった。

 対照的に10年はゆったりとしたスローペース。レーヴディソールが上がり3ハロン33秒9の末脚で突き抜けたレースだ。予想をする上では、メンバー構成を元にペースを読むことがまずは大事となるだろう。

瞬発力勝負で差し馬有利

 ただ、スローペースとなっても行った行ったの展開にはなりにくい。結局、瞬発力勝負となるため、中団以降で脚を溜めていた馬でも十分に届く競馬になる。06年以降の脚質別成績を見ると、差し馬が【6.3.2.42】。勝率では圧倒。連対率と複勝率もトップの成績だ。追い込み馬も【1.1.2.35】と活躍できている。

 そのため逃げ馬は【0.0.1.6】と不振。逃げ粘るのはかなり困難だ。先行馬も【0.3.2.22】で勝ち鞍がない。前半に体力を温存し、脚を溜めて後半の末脚勝負に持ち込めるタイプを狙いたい。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN