JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
阪神ジュベナイルフィリーズ特集
レース情報へ 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析 コース解説へ 有力馬情報へ 調教情報へ レース回顧へ

ノーザンダンサーの血が勝利には不可欠

1)父は2つ、母の父も2つの系統が健闘

 過去10年の連対馬を父馬の系統別に見ると、ヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス、タニノギムレット、スペシャルウィークなど)が4勝・2着3回、ノーザンダンサー系(ダンシングブレーヴ、ラストタイクーン、フレンチデピュティなど)が2勝・2着4回と、他の系統を一歩リードしている。

 母の父の系統別では、ノーザンダンサー系(Caerleon、Nijinskyなど)が6勝・2着3回、ナスルーラ系(ルション、リヴリアなど)が3勝・2着2回と好調だ。


系統 成績
ヘイルトゥリーズン系 4勝・2着3回
ノーザンダンサー系 2勝・2着4回
ナスルーラ系 2勝・2着1回
ネイティヴダンサー系 1勝・2着2回
その他 1勝・2着0回
母父 ヘイルトゥリーズン系 1勝・2着2回
ノーザンダンサー系 6勝・2着3回
ナスルーラ系 3勝・2着2回
ネイティヴダンサー系 0勝・2着2回
その他 0勝・2着1回

【過去10年の連対馬の父と母父】

過去10年の連対馬の父と母父

2)勝利にはノーザンダンサーの血が欲しい

 勝ち馬10頭のうち、2頭は父がノーザンダンサー系、6頭は母の父がノーザンダンサー系だった。残り2頭のうち、トールポピーはノーザンダンサーの4×4というインブリードを持っている。

 最後の1頭、血統表にノーザンダンサーを持たない馬が、競走馬として“別格”ともいえるウオッカ。ウオッカが勝った2006年のレースは勝ちタイム1分33秒1という超高速決着だったことも考え合わせると「常識的にはノーザンダンサーの血が勝利には不可欠」となるのではないだろうか。

3)信頼できない種牡馬がいる

 以下は、このレースであまり信頼できそうもない種牡馬たちだ。


種牡馬 成績
フジキセキ 15戦0勝・2着0回
ダンスインザダーク 7戦0勝・2着0回
フレンチデピュティ 7戦0勝・2着1回
クロフネ 4戦0勝・2着0回
ブライアンズタイム 4戦0勝・2着0回
スターオブコジーン 4戦0勝・2着0回


 フジキセキ産駒は3着が2回あるものの、キタサンヒボタン(1番人気4着)やコイウタ(3番人気6着)が期待を裏切った。ダンスインザダークは最高でも8着で5頭が2ケタ着順、フレンチデピュティは1番人気アルーリングボイスが14着と大敗、クロフネ産駒のオディール(1番人気4着)も勝てず、ブライアンズタイム産駒とスターオブコジーンは9着が最高・3頭が2ケタ着順だ。

 いずれも仕上がりの早さや牝馬戦線での強さを感じる種牡馬たちだが、こと阪神JFに限るとまったく冴えないのである。

4)母系の優秀性が大切

 下表は連対馬の母・母系の成績を簡単にまとめたもの。かなり優秀な母系の出身馬ばかりであることがわかるはずだ。母が2勝以上、近親に重賞勝ち馬がいることが、ひとつの目安となるだろう。


馬名 母名 母の成績 母系から出た活躍馬
ヤマカツスズラン フジノタカコマチ 13戦3勝 姉フジノタカコトブキは5勝
ゲイリーファンキー A Little Kiss 海外33戦8勝 母A Little Kissは豪G1勝ち馬
テイエムオーシャン リヴァーガール 11戦1勝 祖母エルプスは桜花賞馬
ダイワルージュ スカーレットブーケ 21戦6勝 母スカーレットブーケは重賞4勝
タムロチェリー ミスグローリー 地方7戦2勝 曾祖母ゲイリーは愛1000ギニー勝ち馬
アローキャリー アロールーシー 5戦2勝 兄サイキョウリズムは笠松でオープン勝ち
ヤマカツリリー リンデンリリー 7戦4勝 母リンデンリリーはエリザベス女王杯勝ち馬
ピースオブワールド ビバムール 12戦2勝 近親にマイル王のタイキシャトル
ヤマニンシュクル ヤマニンジュエリー 不出走 祖母ティファニーラスは米最優秀3歳牝馬
ヤマニンアルシオン ヤマニンパラダイス 17戦4勝 母ヤマニンパラダイスは阪神3歳牝馬S勝ち馬
ショウナンパントル バブルウイングス 海外19戦4勝 近親に菊花賞馬ザッツザプレンティ
アンブロワーズ フサイチミニヨン 2戦0勝 近親に日本ダービー馬フサイチコンコルド
テイエムプリキュア フェリアード 11戦2勝 近親にダート重賞4勝のエムアイブラン
シークレットコード マジックコード 海外9勝 母マジックコードはカナダ最優秀古馬牝馬
ウオッカ タニノシスター 33戦5勝 近親に桜花賞馬シスタートウショウ
アストンマーチャン ラスリングカプス 15戦3勝 曾祖母Fieldyは米重賞勝ち馬
レーヴダムール レーヴドスカー 国内外10戦1勝 母レーヴドスカーは仏G1勝ち馬
トールポピー アドマイヤサンデー 8戦3勝 兄フサイチホウオーは重賞3勝
ブエナビスタ ビワハイジ 10戦4勝 母ビワハイジは阪神3歳牝馬S勝ち馬
ダノンベルベール ミスベルベール 17戦4勝 母ミスベルベールは仏重賞勝ち馬


 タガノエリザベートはヘイルトゥリーズン系×ノーザンダンサー系、近親にゼンノロブロイがいて有力。ただし母が未勝利馬というのが少しだけ気がかり。むしろ母が仏G1勝ち馬のジュエルオブナイルの方を推したい。

 不安なのはフジキセキ産駒のシンメイフジだ。

【タガノエリザベートの血統表】

タガノエリザベートの血統表

【ジュエルオブナイルの血統表】

ジュエルオブナイルの血統表

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN