JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
阪神ジュベナイルフィリーズ特集

ブエナビスタ

前走から中3週になるが、レース2週間前の土曜日から今週までに4本の追い切りをこなしており、中間の調整過程は極めて順調だ。最終追い切りはDWコースで終い重点というこの厩舎では定番というメニューで、直線に向いて併走馬に並びかけ、追い出されるとシャープに伸びて抜き去る鋭い動きを披露した。前走からの上積みは十分と言えそうだ。

ジェルミナル

この中間は中3週で勝利した前走時と同じく、レース2週間後から今週にかけて3本の追い切りを消化しており、調整過程は順調そのものと言える。最終追い切りは坂路の馬場悪化を懸念して芝コースに入ったが、直線で軽く気合いをつけられると併走馬にきっちり先着して動きも良かった。引き続き好調キープと見てよさそうだ。

ダノンベルベール

11月下旬から栗東に滞在しているが、特にここ1週間は馬なり中心とはいえ3本の追い切りを消化しており、大一番へ向けて意欲的な調整を見せている。今週は後藤騎手が乗って坂路で追われたが、軽く気合いをつけた程度で800m52.1秒、ラスト200m12.5秒という時計で、馬場状態を考えると出色の好時計をマークした。状態は最高潮と言えそうだ。

デグラーティア

3ヶ月余りの休み明けになるが、11月中旬にトレセン帰厩後は軽めの物も含めて7本もの追い切りを消化しており、調教量に不足はない。1週前は長めから大きく追走した分併走馬に手応えこそ劣ったが、時計的には十分合格点。今週も終い重点ながら、追われて併走馬を突き放す力強い動きを見せた。きっちり態勢整ったと見てよさそうだ。

イナズマアマリリス

前走と同じ中4週になるが、レースの2週半前から今週まで、軽めの物も含めて5本の追い切りを消化しており、中間の調整過程は順調だ。最終追い切りは坂路で追われ800mで53.3秒とまずまずの時計をマーク。ラスト200mこそ13.5秒と時計要したが、併走馬に合わせる形でまだ余裕残しだっただけに心配は無い。好調子キープと見ていいだろう。

アディアフォーン

中間の追い切りは1週前の日曜とレース週の木曜に強めに追われており、同じく中2週で出走した未勝利勝ち時と同メニューだけに順調と言っていいだろう。今週はDWコースで追われたが、時計こそ平凡でも直線で軽く仕掛けられると併走馬にきっちり先着して動きは良かった。自分の力はきっちり出せる仕上がりだ。

ミクロコスモス

新馬戦後もトレセンで調整されていたが、その後短期放牧に出てから11月下旬に帰厩。急ピッチで乗り込まれているが、やや調教量は物足りない。今週は初騎乗となる鮫島騎手が乗って3頭併せの真ん中に入ったが、馬なりに終始する両サイドの古馬を横目に、強く追われても半馬身遅れがやっとという内容。今回に限っては調整不足の不安が残る。

ワンカラット

1週前に坂路で一杯に追われてラスト400mで12.5−12.4秒という時計は、かなり馬場が荒れて時計かかる時間帯だったことを考慮すると出色のタイムと言っていい好調教だ。今週は芝コースで終い重点の微調整になったが、一杯に追われる格下馬を尻目にラスト200m11秒台を余裕十分にマークした。まだ上積みを見込めそうだ。

その他の出走馬

ショウナンカッサイはここ2週続けて坂路でハードに追われており、動きも良く力は出せそう。レディルージュは中1週でもきっちり追い切られており、疲れもなく順調と言えそう。メイショウボナールは佐藤哲騎手が2週続きで乗って入念な調教をつけられており、上積みを見込んでよさそうだ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN