JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
阪神ジュベナイルフィリーズ特集

 

レース結果

角居厩舎が2年連続V! トールポピーが2歳女王に輝く!

 第59回阪神ジュベナイルフィリーズは、池添謙一騎手騎乗の3番人気トールポピーが直線外から力強く差し切り優勝を果たした。勝ち時計は1分33秒8。池添騎手は本競走初勝利。本馬を管理する角居勝彦調教師は、昨年のウオッカに引き続き2年連続で本競走優勝となった。

 2着はクビ差で藤岡佑介騎手騎乗の8番人気レーヴダムール。3着は半馬身差で福永祐一騎手騎乗の2番人気エイムアットビップ。安藤勝己騎手騎乗の1番人気オディールは好位から早め進出で押し切りを狙ったが4着に敗れた。

 

レース展開・総括

エイムアットビップは控えるも、前半から厳しい流れ

 スタートは14番ラルケットのタイミングが合わず、9番レーヴダムールも行き脚がイマイチで後方から。対照的に一番の好スタートを切ったのは3番レジネッタ。しかし、ハナを奪ったのは7番マイネブリッツ。あとは外から16番ヤマカツオーキッド、17番エイシンパンサーも積極的に前に出て先行争い。10番エイムアットビップは全くハナ争いに加わらず、控える作戦を取った。そして、好位に11番オディール。15番トールポピーは外目の中団やや後ろからの追走となった。

 前半600m通過は34秒4。大外の18番エフティマイアが気合をつけながら好位を取りに行ったり、エイシンパンサーが途中からハナを奪うなど、先行争いがすんなり決着せず、淀みない流れ。テンの3ハロンは昨年と全く同じタイム。中盤の400mも11秒8と、昨年より0.1秒上回るペースを刻んだ。

トールポピーが外から力強い伸び脚

 4コーナーのところでオディールが前に圧力をかけるようにジワっと進出。それを見るように13番カレイジャスミンも手応え良く追走。ほぼ横一線のまま最後の直線に飛び込んだ。最内に入ったのはエイシンパンサー。内をそつなく回った3番レジネッタが馬群の間を抜け、さらに外からオディールとカレイジャスミンが併せ馬の形で叩き合い。

 一旦オディールが抜け掛かったが、差しに回ったエイムアットビップがジワジワと差を詰めて交わす勢い。しかし、さらに脚色が良かったのが外のトールポピーとレーヴダムール。トールポピーは力強いフットワークで徐々に差を詰めると、坂を上り切ってからグンともうひと伸び。大外から追い込んだレーヴダムールの追撃をクビ差抑え切って先頭でゴールを駆け抜けた。

上位馬はそれぞれ価値ある内容

 ファンタジーSで大逃げを打ったエイムアットビップが控える展開となったが、前半からペースは厳しくなり、結果的には差し・追い込み馬が台頭しやすい流れに。トールポピーはマイル戦未経験だったが、上手く流れに乗り、外を回りながらも差し切る底力溢れる競馬で2歳女王の座を射止めた。出負け、キャリア2戦目で2着にきたレーヴダムールも今後楽しみな素材。大一番で脚質展開をし、結果を残したエイムアットビップも価値ある内容。最後失速したが、好位追走から雪崩れ込んだオディールも負けて強しの内容と言えるだろう。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN