JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
阪神ジュベナイルフィリーズ特集

阪神ジュベナイルフィリーズとは

歴史は古いが名前は新しい

 歴史は古く、創設は1949年。ただし、90年までは「関西の2歳(当時は3歳)チャンピオン決定戦」として行われ、名称も「阪神3歳S」であった。

 91年、2歳チャンピオン決定戦を「朝日杯3歳S」に一本化。「阪神3歳S」は牝馬の2歳チャンピオン決定戦として名称を「阪神3歳牝馬S」に変更して生まれ変わった。そして2001年、馬齢表示を国際表記に合わせたことにより、名称を「阪神ジュベナイルフィリーズ」と変更している。ちなみに、「ジュベナイル」とは英語で仔馬(競馬では2歳馬)のこと。「フィリーズ」はフィリー(4歳までの牝馬を指す)の複数形。したがって、英語で「阪神2歳牝馬」と呼んでいることになる。

 条件的には、創設時は阪神競馬場1200m。その後1400mになり、1960年から現在と同じ阪神1600mで行われている。なお、改修工事などで何度か京都競馬場で行われたこともある。

阪神ジュベナイルフィリーズ写真勝ち馬がクラシック戦線で活躍

 牡牝混合だった時代も、若駒だけにそれほど牡牝の差はなく、42回中8回牝馬が勝っていた。その勝ち馬からは、ミスオンワードやキシュウローレル、ラフォンテースのようにクラシック戦線で活躍する名牝が出ている。

 そして牝馬限定戦となってからは、このレースの勝ち馬や2・3着馬が毎年のようにクラシックを賑わしている。牝馬限定になった初年度の91年勝ち馬ニシノフラワーが桜花賞を勝ったのを皮切りに、93年のヒシアマゾンは外国産馬でクラシックは出られなかったが、エリザベス女王杯を勝って有馬記念でもナリタブライアンの2着した。その後も96年メジロドーベルがオークスを、00年テイエムオーシャンが桜花賞を、さらに昨年のウオッカがなんとダービーを勝っている。

 牝馬限定になってから関西馬が11勝、関東馬は4勝。やはり、輸送距離の短い関西馬が有利だ。もっとも、牝馬限定になった頃から関西馬が強くなっており、理由は輸送だけではないかも知れない。

国内有数の「荒れるG1」

 ステップレースとして96年からファンタジーS(京都1400m)が行われているが、ここをステップに勝った馬はわずかに2頭。むしろ、牡馬混合のデイリー杯2歳Sや、いちょうSをステップとした馬のほうが成績がいい。ファンタジーSの1400mとこのレースの1600mでは意味合いが違うということか。

 配当的には、過去10年で4回も馬連万馬券が出ているように、かなりの荒れ気配にある。一昨年は3連単31万馬券、15年前の92年には当時のG1最高配当である馬連12万740円が飛び出しており、荒れるときは止めどがない。昨年は傑出馬ウオッカがいて堅い決着だったが、だからといって今年も本命サイドとは考えないほうがいいレースだろう。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN