JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
阪神ジュベナイルフィリーズ特集

 

オディール絶好調の鞍上を迎えて母超え目指す

オディール写真
前哨戦のファンタジーSを制したオディール
前哨戦のファンタジーSを優勝。エイムアットビップが途中から飛ばして大逃げを打つ展開で、直線入り口の時点ではかなりの差があったが、ゴール前で一気に詰めて鮮やかに差し切った。りんどう賞で負けた相手に雪辱した形で、同じ芝1400mでも外回りコースのファンタジーSで逆転した点は今回に繋がる。あとは、さらに1ハロンの延長、まだ対決したことがない馬との力関係が問題。母のキュンティアは、97年の阪神3歳牝馬Sをキャリア1戦で2着に好走した馬で、母超えを目指す。今年G1で絶好調の鞍上も心強い。

エフティマイア完成度高く、巻き返し狙う

エフティマイア写真
新潟2歳S勝ちの中身は濃かったエフティマイア
前走の京王杯2歳Sは2番人気でまさかの13着に惨敗。レース後、ジョッキーは道悪を敗因に指摘していたが、それにしても負けすぎ。2戦目のマリーゴールド賞を同じ稍重で勝っており、原因は他のところにある可能性がある。それがわからないのはスッキリしないが、一度の大敗で見限るのには惜しい馬。デビューから3連勝で新潟2歳Sを制したように、現時点での完成度の高さは相当。新潟の長い直線コースを先行して押し切った新潟2歳Sの内容は特筆すべきもので、阪神のマイル戦こなす上では明るい材料だ。巻き返しを狙いたい。

エイムアットビップ距離延長で折り合いが難題

1番人気に支持されたファンタジーSは2着と、最低限の仕事は果たしたが、内容的にはあまり褒められたものではない。途中から抑え切れないように、ハナを奪うと早くもエンジン点火。大逃げとなり、一瞬セーフティーリードに見える時もあったが、最後は脚があがりオディールにつかまった。1200m、内回りの1400mでスピードを活かす競馬が続いていたので、この結果も自然だろうか。今回、さらに1ハロン延長となり、阪神の外回りコース。陣営は「折り合えさえつけば距離は持つ」との考えのようだが、その折り合いをつけることが難題。

ラルケット2戦2勝の関東期待の素質馬

デビューは夏の新潟の芝1400m。6番人気と低評価だったが、好時計で勝利を収めた。続く前走のサフラン賞では直線横一線の馬群から鋭く抜けての快勝。差し・追い込み馬に有利な流れではあったが、抜け出してから余裕があり、着差以上の勝利と言えよう。非凡な決め手を持つ関東期待の素質馬。レースっぷりから折り合いは問題なさそうで、血統面からもマイル戦ぐらいはおそらく大丈夫。問題は長距離輸送で、力を十分に出し切れるかだ。当日の馬体重やパドックでの様子は必ずチェックしたい。

シャランジュ決め手強烈でキャリアも豊富

まだ1勝馬だが、新潟2歳S2着で賞金を加算しての出走。その新潟2歳Sだが、最内枠の発走から直線ではラチ沿いまですっ飛びながら、上がり33秒0の強烈な決め手。勝ち馬こそ捕らえられなかったが、その他の16頭をごぼう抜きにした凄い競馬だった。それを受けての前走のデイリー杯2歳Sは5着。2走前ほどは弾けなかったが、中団からの競馬で、紅一点のメンバー構成で相手は全部牡馬だった。一応、関西への輸送は経験。地味な血統ながらキャリアは豊富で、牝馬同士ならばまだ楽しみはあるだろう。

エイシンパンサー嵌れば上位進出もありそうだが

デビューは早く6月の阪神開催。芝1200mを後方から行き、上がり33秒9の末脚で一閃。オディール(3着)らをアッサリ差し切るインパクトのある競馬で、一躍注目馬と目されるようになった。しかし、その後はマリーゴールド賞を取消、新潟2歳Sはチグハグな競馬で4着、前走のファンタジーSは出遅れて3着に終わるなど、消化不良の競馬が続いている。差し馬ながら折り合いが難しい馬で、それが結果にも表れている。テンから淀みなく流れるペースを差す競馬がベストの可能性があり、今回の条件は半信半疑。嵌れば上位進出もありそうだが。

カレイジャスミンマイル以上で本領発揮

未勝利脱出は8月の新潟芝1600m。初勝利を挙げるまで4戦も要してしまったが、1、2戦目の芝1200mは距離不足だった可能性が高い。その証拠に未勝利勝ち直後の札幌2歳Sで4着に好走。初コースでしかも未経験の洋芝に対応してみせた。前走自己条件に戻った赤松賞を快勝。稍重の影響もあり、勝ち時計は遅かったが、力強い末脚を伸ばしての完勝だった。新潟の外回り、東京と、直線が長いコースを勝ってきたのは大きく、初の阪神のマイルも向きそうな印象。速い時計に対応できれば、勝ち負けになっていい。

アロマキャンドルOPで牡馬に勝利も展開カギ

アロマキャンドル写真
いちょうSで後の重賞好走馬を沈めたアロマキャンドル
デビュー戦はラルケットと同じだったが、8着に完敗。2戦目の中山のマイル戦で初勝利を飾った。フレンチデピュティ産駒らしく、立ち回りの上手さと先行力が持ち味。前走のいちょうSにしても前半1000m通過が61秒5のスローペースを2番手から抜け出し。後に京王杯2歳Sを勝ったアポロドルチェ、東京スポーツ杯2歳S3着のスマイルジャックの末脚を封じての勝利は見事だったが、展開面で恩恵を受けたことは否めない。今回はエイムアットビップら強力な先行馬がおり、ここ2戦のような流れにはならないだろう。

レジネッタ前走はスローの決め手勝負

デビュー2戦目の札幌芝1200mで初勝利。400mの距離延長、昇級初戦となった前走は8番人気だったが、見事に連勝を飾った。全兄が芝2000m以上で3勝をマークしているアエローザということを考えると、短距離よりはマイル戦がいいだろうし、それ以上の距離の方がいい可能性すらある。前走も1000m通過が61秒4の超スローペース。完全な上がり勝負で、スピードも問われるマイルG1へ向けて自信を持つには、いささか不安がある。ある程度速いペースを追走して、果たして前走のような末脚を使えるかどうか。

ハートオブクィーン洋芝の短距離がベストか

OP特別と重賞勝ちを含む3勝の実績はメンバー屈指。元・道営馬らしく夏の北海道をにぎわせ、ラベンダー賞と函館2歳Sを連勝した。特に2着のジョイフルスマイルを4馬身ぶっちぎった函館2歳Sは強烈だった。しかし、重馬場で時計がかかる状況でのレース。血統的にも洋芝の短距離タイプの印象が強い。転厩初戦で、初の中央場所の競馬となった前走の京王杯2歳Sが10着。稍重の馬場という歓迎材料があってこの結果では、一気にトーンダウンとなってしまう。良馬場のマイル戦では、厳しいかもしれない。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN