JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

ホーリックス 究極のスピード勝負を制した南半球の名牝[1989年]

とてつもないハイペースで直線へ

 外国馬の迫力に身を震わせ、カツラギエースの大金星に言葉を失い、シンボリルドルフの貫録に快哉を叫び……。創設以来、幾多の驚きと衝撃を日本の競馬ファンに与え続けてきたジャパンカップ。その歴史に、ひときわ大きな出来事として刻まれているのが1989年・第9回目となった一戦だ。

 レースはイタリアG1勝ち馬で目下4連勝中と好調の4番人気イブンベイが先導して進んだ。さらに芝12ハロンの世界レコードホルダーである3番人気ホークスターが続く。道中では1ハロンあたり11秒台のラップが何度も刻まれ、1000m通過は58秒5、1800m通過が1分45秒8。とてつもないハイペース、かつてない緊張感をたたえたまま、馬群は直線へと向かう。

日本馬2頭の目前で驚異的な粘り

ホーリックス写真

 さすがに苦しくなったか、前2頭の脚色は次第に鈍り、代わってファンの視線は日本が誇る2頭のスターに注がれることとなった。まずは1番人気スーパークリーク。前年の菊花賞を制し、この年の秋は京都大賞典、天皇賞(秋)と連勝。いわゆる“最強世代”とされる85年生まれ組の旗頭となった存在だ。そして、芦毛の怪物としてターフを沸かせる2番人気オグリキャップ。マイルCS勝利からの連闘という、常識を超えた臨戦過程でジャパンカップに出走。前年3着の雪辱を果たそうとしていた。

 好位追走から、いざ抜け出そうとするスーパークリークとオグリキャップ。だが、その目の前には驚異的な粘り、いや、圧倒的なまでのスピードで駆ける1頭の牝馬がいた。ニュージーランドのホーリックスだ。

オグリキャップの追撃をクビ差しのぐ

 ホーリックスはこのとき9番人気。前述の2頭のほか、ジョッキークラブ大賞勝ち馬アサティス、前年のジャパンカップ勝ち馬ペイザバトラー、凱旋門賞馬キャロルハウスなどメンバーが揃った外国馬の中では目立たない存在といえた。が、マイルから中距離を中心に使われ、好タイムでG1を制しているようにホーリックスのスピードは一級品。その能力が究極のハイスピード勝負で生かされることとなるのである。

 3番手から抜け出したホーリックスは、最後まで脚を緩めることなく、オグリキャップの追撃をクビ差しのぎ切ってゴールへと飛び込む。勝ちタイムは当時の世界レコードとなる2分22秒2。観衆を唖然とさせる速さを見せつけて、南半球から来た伏兵が第9代ジャパンカップ覇者となったのである。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN