G1特集 第35回 ジャパンカップG1特集 第35回 ジャパンカップ

調教情報

競馬予想のJRA-VANトップ > G1特集 > ジャパンカップ > 2015 > 調教情報

ラブリーデイ

中3週で大一番に向かう調整過程としては、中間の追い切り内容がかなり軽めに映るが、宝塚記念以降は同じような感じで結果を出しており、この点は全く問題ないと見ていいだろう。今週は川田騎手を背に実質800mからの併せ馬で、4角で内から追いつき、楽な手応えのままゴール前できっちり交わした。上積みは感じられないが、好調キープと見てよさそうだ。

ミッキークイーン

前走後は放牧を挟んで11月13日に栗東へ帰厩。翌日からきちんと乗り込まれており、調教量に不足はない。前走時と同様、1週前はWコースで浜中騎手を背に僚馬と併せてほぼ馬なりのまま先着。今週は助手を背にWコース単走で、ラスト150m付近からゴール過ぎまで強めに追われ、力強い動きを披露した。前走時とほぼ変わりない好状態と見てよさそうだ。

ショウナンパンドラ

前走後もほぼ休みなく乗り込まれており、調整過程は順調と見ていい。今回も追い切りはすべて坂路で、先週は池添騎手を背に僚馬と併せて終い強めに追われ、鋭い末脚を見せて大きく先着。今週は助手を背に単走だったが、ラスト200m付近で左前脚を落鉄するアクシデントにも動じず、素軽い動きを見せた。ここ2戦と同じ様な高いレベルでの好状態を維持できている。

ゴールドシップ

宝塚記念以来約5か月ぶりの実戦になるが、10月上旬には栗東へ帰厩して10本以上の追い切りを消化しており、調教量は十分だ。ここ2週は横山典騎手を背に追われ、先週は坂路で格下馬と併せて大きく先着。今週はWコース単走で、最後までほぼ馬なりに近い手応えのままゴールした。1000m66秒前後と時計的にも悪くなく、実力を出せる状態には仕上がっている。

サウンズオブアース

前走後は放牧を挟んだが、10月中には栗東へ帰厩。11月上旬からは毎週追い切られており、調教量は十分だ。2週前に坂路で馬場の荒れた時間帯に破格の好時計をマークし、ここ2週はM.デムーロ騎手を背にWコースで僚馬と併せ馬。今週はラスト100mから軽く追われただけで併走馬を突き放す鋭い動きを見せた。実力をきっちり出し切れる好仕上がりだ。

アドマイヤデウス

前走の4日後には馬場入りを再開してしっかり乗り込まれており、調整過程は順調だ。ここ2週は岩田騎手を背に追われ、先週はWコースで直線は4頭並んだ最内に入って一杯に追われるもやや物足りない動き。今週は坂路単走だったが、800m51.1秒、ラスト200m12.6秒の好時計が出ており、先週よりは良化傾向が見えた。大敗続きだが、体調面に問題はない。

ラストインパクト

前走の4日後には馬場入りを再開してその後も休みなく乗り込まれており、調整過程は順調そのものといえる。ここ2週は助手を背にWコース単走で、先週は大外を回って終い強めに追われてラスト200m11秒台をマーク。今週も同じ様な内容で、ラスト200mは余力残しで11秒台半ばと素晴らしい伸び脚を披露した。今年一番の好状態に仕上がったと見て間違いない。

ヒットザターゲット

前走から3か月余り間隔が開いたが、10月後半に少し休ませた時期はあったものの、9月中旬から栗東での乗り込み自体は続けられており、調教量に不足はない。今週はいつもと同じく助手を背に坂路単走で追われ、やや左にヨレながらもラスト200mは12.5秒と馬場の荒れた時間帯としては合格点の時計が出せた。状態面に不安はなく、実力を出し切れる仕上がりだ。

その他の出走馬

イラプトは水曜に東京芝コースで長めから追い切られ、素軽い脚さばきだったが時計は遅く、高速馬場への適性は未知数。ナイトフラワーは23日の月曜に東京競馬場入りし、軽めとはいえ翌日から3日続けてダートコースで追い切られており、状態面に不安なし。イトウも23日に東京入りし、水曜、木曜とダートコースで追い切られており、体調面に不安はなさそうだ。