JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第34回 ジャパンカップ特集 2014年11月30日(日)15時55分発走 東京競馬場 芝2400m

【ジェンティルドンナ】

中間の調教内容が同じ間隔で出走した昨年時とほぼ同様で、極めて順調な調整過程といえる。中間の追い切りはすべて坂路で、先週はムーア騎手を背に格下馬と併せて先着。今週は助手を背に単走で、ラスト250mからしっかり追われて800m53.3秒、ラスト200m13.0秒という時計を出した。絶好の仕上がりだった一昨年時には及ばないが、前走時の状態は維持できている。

【ハープスター】

フランスから帰国後、検疫を挟んで11月8日に栗東へ帰厩。先々週から3週続けて追い切りをこなせており、調教量に問題はないと見ていいだろう。今週は助手を背にWコースでオープン馬と併せ、ラスト300m過ぎからびっしり追われたが、馬なりの併走相手に遅れてしまった。ただ時計的にはまずまず動けており、完調手前ではあるが力は出せる状態だ。

【ジャスタウェイ】

フランスから帰国後、検疫を挟んで11月11日に栗東へ帰厩。その2日後には時計を出せており、調教量に問題はないと見ていいだろう。今週は福永騎手を背に坂路でオープン馬と併せてラスト200m過ぎから一杯に追われたが、馬なりの併走相手に遅れてしまった。時計も平凡で完調時の動きではないが、馬体に太め感はなく、一応の力は出せる状態だろう。

【イスラボニータ】

前走後もすぐに馬場入りを再開してきちんと乗り込まれており、調整過程は極めて順調だ。ここ2週はWコースでオープン馬を追走する形の併せ馬で、先週は蛯名騎手を背に1000m65秒台の好時計をマークして併入。今週は助手を背にほぼ馬なりのままと軽めの内容だったが、軽快な動きを見せて楽々併入した。万全の仕上がりと見てよさそうだ。

【スピルバーグ】

軽め中心とはいえ前走時に比べて追い切りの本数が増えており、意欲的な調整過程といえる。中間の追い切りはすべて坂路で、レース1週間前の日曜に強めの内容を消化。今週は北村宏騎手を背にオープン馬を追走し、中間地点からゴールまでぴったり馬体を並べて併入した。時計的にも今週の馬場状態を考えると優秀で、前走時の好状態を維持できている。

【エピファネイア】

前走後はプール調教メインで調整した後、今月中旬から追い切りを再開。本数はしっかりこなしており、調教量に不足はない。ここ2週はWコース単走で追われ、先週は助手を背に1000m65秒台の好時計をマーク。今週は福永騎手が騎乗して終い重点だったが、直線追われてラスト200m11秒台と鋭く伸びた。状態面は万全で、実力をきっちり出し切れそうだ。

【ワンアンドオンリー】

前走後はすぐに馬場入りを再開して入念に乗り込まれており、調整過程は順調そのものといえる。今週は助手を背に坂路で僚馬を追いかけ、ラスト200mは馬体をびっしり併せてゴール。手応えこそ劣ったが、800m53.2秒、ラスト200m13.2秒という時計は馬場状態を考慮すれば、この馬としては優秀な部類だろう。今秋では一番の好仕上がりといえそうだ。

【フェノーメノ】

前走から中3週で先々週からきちんと追い切りをこなしており、調整過程は順調だ。中間の追い切りはすべてWコースで、先週はルメール騎手を背に僚馬と併せて速い時計を出す強めの内容を消化。今週は助手を背に単走で、ラスト300mすぎから追い出されると、しっかり加速してまずまずの動きを見せた。大敗後だが、体調面に問題はないと見ていいだろう。

【その他の出走馬】

デニムアンドルビーはこの中間も好調教を披露しており、前走と大きな変わりはなく力を出し切れる好状態。ヒットザターゲットはしっかり追われた今週の追い切り時計が平凡だが、馬場の悪い時間帯でのものだけに心配はなく状態はいい意味での平行線。タマモベストプレイは3週続けて坂路でしっかり追われており、意欲的な調整過程で体調も良さそうだ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN