JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第34回 ジャパンカップ特集 2014年11月30日(日)15時55分発走 東京競馬場 芝2400m

ジャパンカップとは

日本初の国際G1レース

 1970年代後半に提唱された“世界に通用する強い馬作り”を実現するため、81年に日本で初めて外国調教馬を招待する国際競走「ジャパンカップ」が創設された。第1回から11月下旬の東京競馬場・芝2400mを舞台に行われている(02年のみ中山芝2200mで開催)。

 84年のグレード制導入ではG1に格付け。92年にICSC(国際セリ名簿基準委員会)より、日本初の国際G1に認定された。08年からは秋季国際G1競走シリーズの「ジャパン・オータムインターナショナル」の第3戦に指定。なお、昨年に引き続き今年も15時55分発走で、東京競馬の最終第11レースとして行われる。

強豪馬がぶつかる華やかなレース

ジャパンカップ写真

 創設当初は外国馬が強く、日本馬は苦戦していた。しかし、00年以降は競走馬全体のレベルが上がった日本馬がホームの地の利もあって、外国馬を圧倒するようになった。

 大物外国馬の参戦自体が少なくなっているものの、国内外のG1で実績を積み上げた古馬、クラシックを勝ち抜いてきた3歳馬、牡馬を凌ぐ実力を持つ牝馬らが集結する。国内最高賞金をかけて、東京のクラシックディスタンスで覇を競う華やかなレースであるのは間違いない。

前人未到の3連覇の行方は

 一昨年、昨年と史上初の連覇を達成したジェンティルドンナが今年も出走予定。前人未到の3連覇に挑む。凱旋門賞で日本馬最先着を果たしたハープスターとの牝馬対決は大きな見どころだ。

 他にも世界ランキング1位を維持しているジャスタウェイ、秋の天皇賞馬スピルバーグ、3歳勢からはワンアンドオンリー・イスラボニータがスタンバイ。海外からは昨年の愛ダービー馬トレーディングレザー、今年のバーデン大賞馬アイヴァンホウらが参戦予定。注目の大一番を制するのはどの馬か、そのスタートが迫っている。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN