JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第34回 ジャパンカップ特集 2014年11月30日(日)15時55分発走 東京競馬場 芝2400m

【ジェンティルドンナ】3連覇の偉業をかけて出陣

ジェンティルドンナ写真
3連覇の偉業を目指すジェンティルドンナ

今年も天皇賞(秋)では2着に終わったが、内容的には昨年よりも今年の方がいい。ともに先行しての追走ながら、今年は道中の力みは見られなかった。イスラボニータとの叩き合いの末、最後は差し返して2着に上がったあたりはさすがの地力だ。宝塚記念で9着と敗れた不安も払拭。やはり東京での走りはひと味違う。とりわけ今回は相性がいい2400m。僅差ながらもJCは連覇中だ。昨年に引き続き、鞍上はムーア騎手の予定。今年のドバイシーマクラシックでも勝利に導いており、この馬のことを良く知っている騎手が乗れるのは強みだ。3連覇の偉業達成を狙う。


【ジャスタウェイ】得意の東京に戻り反撃

ジャスタウェイ写真
世界を制した豪脚を見せたいジャスタウェイ

この秋は凱旋門賞に挑戦。安田記念からの休み明けという異例のローテーションに加え、実績がない2400mの競馬。かなりのハンデを背負っていただけに8着という結果も仕方がないところか。今回も2400mの一戦だが、国内に戻り実績がある東京コース。期待値としては間違いなく今回の方が高い。昨年秋に覚醒し、天皇賞(秋)を4馬身差の圧勝。今年の安田記念では不良馬場の中、底力を見せて差し切った。東京でジェンティルドンナを一方的に負かしたことがあるのは本馬だけだ。世界を制した強靭な末脚で、あらためて地力を見せつけたいところだ。


【ハープスター】切れ味鋭い3歳牝馬

ハープスター写真
3歳牝馬女王から日本最強馬を目指すハープスター

強烈な瞬発力を持つ3歳牝馬。レースっぷりのインパクトは強烈ながらジェンティルドンナやブエナビスタと比べると、春の実績は見劣る。オークスではヌーヴォレコルトに敗れており、人気が先行している感は否めない。ただ、夏の休養を経て挑んだ札幌記念が強い競馬。洋芝の小回りをまくり切り、ゴールドシップを下した競馬に成長力を感じさせた。凱旋門賞は日本馬の中では最先着の6着。直線大外を回るロスがある競馬だったが、一瞬は伸びかけた。終いの切れ味はメンバー中トップクラス。展開が向けば一気に差し切る可能性は秘めている。


【スピルバーグ】末脚一閃で天皇賞(秋)を制覇

スピルバーグ写真
天皇賞(秋)でG1初制覇を飾ったスピルバーグ

前走天皇賞(秋)は5番人気での出走。イスラボニータとジェンティルドンナが好位から抜け出しにかかるところを、大外からまとめて差し切った。ペースが落ち着き、道中でなし崩しに脚を使わされなかった点が幸いしただろうか。ラスト3ハロン33秒7の決め手が存分に引き出された。東京コースでコンスタントに33秒台の脚が使えることが最大の強み。体質が強化されて、順調に使われるようになったことも大きい。今回の2400mでも同じような脚を使うことができれば、チャンスは十分あるはず。ライバルとの追い比べが楽しみだ。


【ワンアンドオンリー】巻き返しを期すダービー馬

二冠制覇を狙った前走菊花賞は9着に敗退。結果的には枠順が災いし、道中でうまく脚を溜めることができなかった。神戸新聞杯で下した2頭が、菊花賞では内目の枠を引いてワン・ツー決着。距離も長かっただろうが、本馬も枠順が内目だったら結果は違っただろう。日本ダービーで下したイスラボニータが天皇賞(秋)で3着。本馬もG1で古馬相手に通用することは間違いない。ダービーの時のようにうまくレースの流れに乗りたいところ。末脚を生かす競馬が出きれば巻き返してくることだろう。枠順とスタートのデキがカギとなる。

【イスラボニータ】決め手勝負と距離延長に懸念

歴戦の古馬を押しのけて1番人気に支持された前走天皇賞(秋)は3着に敗退。7枠発走でもスムーズに好位に取り付いて、最後の直線では抜け出して先頭に立った。しかし、食い下がるジェンティルドンナに差し返され、大外から飛んできたスピルバーグに交わされてしまった。やや先頭に立つのが早かったかもしれないが、中盤でペースが落ち着いたため仕方がない。元々それほど切れるタイプではないので、鋭い決め手を持つ馬との追い比べとなっては苦しい面がある。その点は今回も懸念される材料だ。距離延長も歓迎ではないだろうし、見通しは明るくない。

【フェノーメノ】前走は度外視で一変を警戒

前走天皇賞(秋)は3番人気に支持されたが結果は14着。デビュー以来初めてとなる二けた着順の惨敗を喫した。ただ、勝ち馬からは0.7秒差でそれほど離されたわけではない。芝3200mの天皇賞(春)から一気の距離短縮に加え、休み明けだった点も影響しただろうか。一応、3歳時の天皇賞(秋)では2着と好走しており、スピードで劣っていたというわけでもないだろう。天皇賞(春)を連覇しているものの、東京コースも本来は得意。速い脚はないものの、レースの流れにさえ乗れば好位から経済コースを立ち回る武器がある。叩かれての一変は十分考えられる。

【エピファネイア】相対的に決め手勝負が課題

4月の香港・クイーンエリザベス2世C(4着)以来と、やや間隔があいており、前走天皇賞(秋)は馬体重プラス7キロでの出走。それでも仕上がり自体は問題なかったはず。着順は6着でも勝ち馬とは0.2秒差であり、本調子でなければここまでは走れないだろう。ただ、相対的に見るとライバルよりも決め手で見劣る感は否めない。同じく東京が舞台となれば、距離が伸びるか、馬場が渋るかというような変化がないと、突き抜けるまでには至らなそうだ。もしくはペースが厳しくなり、上がりがかかるか。ただ、今回のメンバーを見渡すと展開の恩恵を得るのが、難しそう。果たしてどうなるか。

【デニムアンドルビー】昨年は激しく迫り2着

昨年のこのレースでは最後の直線で後方から鋭く追い込んで2着。ジェンティルドンナに猛烈に迫った競馬だった。ただ、今年の成績はひと息。すべてG1レースに出走しており、厳しい戦いが続いている。それでも前走天皇賞(秋)は7着ながら、上がり3ハロンはメンバー中3位。勝ち馬から11着馬まで0.5秒差以内に収まる接戦であり、展開一つで結果は変わる可能性はあった。追い込み一手という点はネックながら、東京のG1で上がり33秒台前半の鋭い脚を使える力がある点は強み。物理的にこのような上がりが出せない馬もいるからだ。軽視は禁物だろう。

【アイヴァンホウ】バーデン大賞などG1を2勝

ドイツから遠征の4歳牡馬。3歳時のドイツダービーでは1番人気で8着に敗れるが、今年9月のバーデン大賞でG1初制覇を飾った。近年の同レースの覇者はノヴェリスト(キングジョージ)やデインドリーム(凱旋門賞)であり、格的には世界トップクラスのレース。今年出走予定の外国馬の中では最もレーティングが高い。ただ、次走凱旋門賞が18着と大きく敗れた。すぐに次走地元のバイエルン大賞で巻き返し、G1・2勝目を飾ったが、ローテーション的には厳しくなった。あとは、堅くて時計が出る日本の馬場への対応。父系が重厚なサドラーズウェルズの系統だけに、悲観的な印象はぬぐえない。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN