JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
ジャパンカップ特集
レース情報へ 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析 コース解説へ 有力馬情報へ 調教情報へ レース回顧へ

サンデーサイレンス系の日本馬vsコンデュイット

1)ヘイルトゥリーズン系とノーザンダンサー系が好調

 まずは過去10年の連対馬の父と母父を系統別にまとめてみよう。


系統 成績
ヘイルトゥリーズン系 4勝・2着5回
ノーザンダンサー系 2勝・2着5回
ミスタープロスペクター系 2勝
ナスルーラ系・リボー系 各1勝ずつ
母父 ノーザンダンサー系 5勝・2着1回
サンデーサイレンス系 2勝・2着1回
ナスルーラ系 2勝・2着5回
その他の系統※1 1勝・2着3回

        ※1はミスタープロスペクター系、オーエンテューダー系など。


 近年は日本馬が8勝・2着8回と海外馬を圧倒しており、日本で主流となっているヘイルトゥリーズン系、母の父として安定した成績を残しているノーザンダンサー系が好調なのも無理のないところだろう。

【過去10年の連対馬の父と母父】

過去10年の連対馬の父と母父

2)4つのメジャー血統の争い

 系統別の勝率・連対率・複勝率を調べたのが下の一覧だ。


系統 成績 勝率 連対率 複勝率
ヘイルトゥリーズン系 4-5-5-45/59 6.8% 15.3% 23.7%
ノーザンダンサー系 2-5-2-51/60 3.3% 11.7% 15.0%
ナスルーラ系 1-0-2-14/17 5.9% 5.9% 17.6%
レイズアネイティヴ系 2-0-0-9/11 18.2% 18.2% 18.2%
その他の系統 1-0-1-10/12 8.3% 8.3% 16.7%


 このうち父ヘイルトゥリーズン系で連対した外国馬は、舞台が中山だった2002年2着のサラファンのみ。ノーザンダンサー系外国馬はファルブラヴ、インディジェナス、ウィジャボードが馬券の対象となっている。

 ナスルーラ系はジャングルポケット、ファンタスティックライト、ハイライズ、レイズアネイティヴ系(ミスタープロスペクター系)はアドマイヤムーンとアルカセットが勝利、その他の系統からはタップダンスシチーが1着、ナリタトップロードが3着という結果。

 イメージとしては「ヘイルトゥリーズン系の日本馬が中心、外国馬ではノーザンダンサー系、ナスルーラ系、ミスタープロスペクター系に注目」といった感じだろう。

 国際レースとあってマイナーな血統の馬が参戦することも多いが、4つのメジャー血統の争いと見ていいはずである。

3)ヨーロッパ系の血統に要注意

 連対した日本馬16頭のうち、実に10頭が、父または父の父または母の父がサンデーサイレンス。軸となるのは「サンデーサイレンスの血を持つ馬」といってよさそうだ。

 残りの6頭と、連対した外国馬4頭の血統について調べたのが以下の表である。


インディジェナス 1999年2着 父マルジュは英マイルG1の勝ち馬
テイエムオペラオー 2000年1着・2001年2着 父オペラハウスはキングジョージなどの勝ち馬
メイショウドトウ 2000年2着 父ビッグストーンはサセックスSの勝ち馬
ジャングルポケット 2001年1着 父トニービンは凱旋門賞勝ち馬
ファルブラヴ 2002年1着 父フェアリーキングはサドラーズウェルズの全弟
サラファン 2002年2着 父リアファンはジャックロマロワ賞勝ち馬
タップダンスシチー 2003年1着 父プレザントタップはサバーバンHなどの勝ち馬
コスモバルク 2004年2着 父ザグレブは愛ダービー勝ち馬
アルカセット 2005年1着 父エンドスウィープはダート短距離重賞の勝ち馬


 タップダンスシチーが逃げ切ったのはドロンコの馬場、アドマイヤムーンが勝った年は大物外国馬の参戦がなく、人気も着順も日本馬が上位を独占した。この2つの例を除いて考えると「ヨーロッパのマイル〜長距離でしっかりとした実績を持つ系統」に要注意ということになるだろう。

4)サンデーサイレンスの血を持つ日本馬vsコンデュイット

 今年の出走予定馬のうち、日本馬では、昨年の勝ち馬スクリーンヒーロー(父ヘイルトゥリーズン系×母の父サンデーサイレンス)、リーチザクラウン(父の父サンデーサイレンス×母の父ナスルーラ系)、ロジユニヴァースとレッドディザイア(父の父サンデーサイレンス×母の父ノーザンダンサー系)あたりが有力。フォゲッタブル(父の父サンデーサイレンス×母の父ナスルーラ系)も穴馬として注目しておくべきだ。

 これらに対し、ウオッカとオウケンブルースリは1枚割り引いて考えたい。

 外国馬では米BCターフ連覇のコンデュイットが、やはり筆頭格。父はナスルーラ系・凱旋門賞馬のダラカニで、走る要件を満たしている。シンティロ(父ファンタスティックライト)も侮りがたい。北米でしか実績のないラングフールやエーピーインディ、ゴーンウエストを父に持つインターパテイション、ジャストアズウェル、マーシュサイドは厳しそうだ。

【スクリーンヒーローの血統表】

トライアンフマーチの血統表

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN