JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
ジャパンカップ特集


東京芝2400m〔Cコース〕

コース図年内最後の東京開催最終日でCコースを使用

 年内最後の東京開催(5回開催)の最終日に行われる本最大の国際G1競走。コース改修後の03年からCコースを使用。Cコースは前週に続き、2週目となる。時期は違うが、日本ダービーとオークスと同じコース設定で行われる。ホームストレッチのメモリアルスタンド前からの発走で、コースを一周弱回る。最初の1コーナーまでの距離は313m。ゴール前の直線は525.9m。芝はオーバーシードでイタリアンライグラス(洋芝)が使用されている。

近2年はスローペースの上がり勝負レース写真(東京芝2400m)

 コース改修後は勝ち時計に大きなバラつきがあり、年によって道中のペースが様々なのが特徴。重馬場で行われた03年を除くと、最も速かったのがアルカセットが勝った05年で、2分22秒1のレコード決着。テンの3ハロンが34秒7という猛時計で入り、道中も全く緩まない壮絶なハイペース。結果、追い込み馬同士の決着となった。この年は極端だが、本競走は通常道中あまり緩みがなく、一貫して速いラップを刻む展開になりやすかった。特にコース改修後の走破時計は速く、良馬場なら2分23秒台の時計は軽く出るはず。

 ところが、ディープインパクトが勝った06年は2分25秒1の時計。前半600mの通過が37秒0と遅く、中間もスローペース。ラスト4ハロンがすべて11秒台のロングスパートレースで、上がり3ハロンが34秒3という極端な上がり勝負となった。この年は少頭数の11頭立ての影響が大きかったと思われたが、アドマイヤムーンが勝った昨年の前半1000m通過は60秒1。06年ほど前半は遅くなかったが、レースの上がり3ハロンは34秒3。結局、最後の直線での上がり勝負というレースだった。逃げ、先行勢の動向により、上がりだけの競馬にもなりやすい傾向がある。

英仏のG1実績だけでは信頼できない

 道中のペースが速くなり勝ち時計が速くなっても、スローペースの上がり勝負となっても外国馬にとっては、厳しいレース。特に2分20秒台の後半から30秒台の前半で決着するイギリスやフランスの12ハロン戦でしか実績がない馬は、この時計への対応は困難。起伏が激しく、芝が重い馬場での実績はほとんど参考にならない。たとえ、キングジョージや凱旋門の勝ち馬であっても過大評価は禁物。日本馬が凱旋門賞で好走するのが大変なのと同じように、欧州の馬が日本のジャパンカップに対応するのもまた困難。同じ欧州でも時計の出方が日本に近いイタリアや、北米や香港、ドバイのビッグレースでの実績・経験の方が参考になる。

 もっとも、近年日本勢が優勢なのは馬場適性だけでなく、日本馬のレベルが上がっていることも関係する。よって、日本馬に要求される実績・資質も高度。仮にスローペースでの上がり勝負となっても、底力が問われる一戦。有馬記念と並び、国内最高峰のレベルにあるG1中のG1であるため、フロックでの勝利はありえない。すでにG1勝ちの実績がある真の実力馬だけが勝てる。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN