JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
レース回顧
 

レース結果

アドマイヤムーンが激戦制し、盾のリベンジ!


第27回ジャパンカップは、岩田康誠騎手騎乗の5番人気アドマイヤムーンが好位追走から直線最内をすくい、ゴール前の大激戦を制して優勝。不完全燃焼で終わった天皇賞(秋)のリベンジを果たし、3つ目のG1タイトルを獲得した。勝ち時計は2分24秒7。岩田騎手、本馬を管理する松田博資調教師は本競走初勝利。

 2着は頭差でペリエ騎手騎乗の4番人気ポップロック。3着はクビ差で武豊騎手騎乗の1番人気メイショウサムソン。


レース展開・総括

チョウサンがハナを奪い、スローペースの展開


スタートは全馬揃って横一線。12番フサイチパンドラがスッと前に出てたところを、5番チョウサンが押して押して前へ。フサイチパンドラを制し、主導権を奪う意外な序盤展開となった。3番コスモバルクも当然、先行策。2番ポップロックも早めの競馬、そして4番アドマイヤムーンも好位の内の5番手。1番人気のメイショウサムソンはジンワリ出て、序盤は中団から行く作戦を取った。

 前半の600m通過は35秒6。昨年に比べればずいぶん流れたが、そこから一向にペースが上がらず、完全なスローペース。前半1000m通過が60秒1。本来、逃げ馬でないチョウサンがレースを引っ張る展開だったため、その後はさらに緩くなり、残り800mの上がり勝負となった。

横一線での追い比べの中、アドマイヤムーンが鋭く反応


 4コーナーから直線入り口にかけてギュっと馬群が凝縮。中団にいたメイショウサムソンだったが、馬群の外を回りながら手応えよく前に進出。直線に入るとアドマイヤムーン、ポップロックとの前後の差はほとんどなく、横一線の位置からの追い比べとなった。

 そこからいち早く抜けたのが最内に進路を取ったアドマイヤムーン。岩田騎手の豪腕に鋭く反応し、残り150mで一歩前へ。続いて、中の馬群を割るポップロックと外から追い出しにかかったメイショウサムソン。先に抜けて押し切ろうとするアドマイヤムーンに、ポップロックとメイショウサムソンが猛追。さらに外からはシンガリから追い込んだウオッカが凄い脚。最後は内外で接戦となったが、わずかにアドマイヤムーンが先頭でゴール。ポップロック、メイショウサムソンの順で内から順番にゴールとなった。そして、ウオッカは4着。

上位3頭は上がり互角も直線での内外に差


 速いペースを作るような逃げ馬が不在で、こちらは戦前の予想通りスローペースの展開に。互いに差すイメージがあったアドマイヤムーンとポップロックが難なく先行できるほどの緩いペースで、結果的に前につけたのが正解。対するメイショウサムソンは、序盤は中団から行ったものの、直線入り口ではライバルと横一線。上位3頭の上がり3ハロンがともに33秒9と、不利と言われた決め手比べは全くの互角だったものの、直線での内外の差で、最内を行ったアドマイヤムーンに凱歌が上がった。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN