JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第149回 天皇賞(春)特集 2014年5月4日(祝・日)15時40分発走 京都競馬場 芝3200m

【キズナ】

前走から3日後には早くも馬場入りを再開してしっかり乗り込まれており、調整過程は極めて順調だ。ここ2週はWコースで武豊騎手を背に単走で追われ、先週は余力を残して好時計をマーク。今週はラスト300m過ぎから追い出されると、力強いフットワークでラスト200m11秒台の鋭い末脚を披露した。状態面は万全と見てよさそうだ。

【ウインバリアシオン】

今年と同じく日経賞から中4週で好走した一昨年時とほぼ同様の追い切り過程で、順調さがうかがえる。今週は初騎乗となるシュタルケ騎手を背に、Wコースで僚馬2頭を大きく追走する形の併せ馬。4角で2頭の直後まで追いつき、直線半ばから軽く仕掛けられると、スムーズに加速してきっちり最先着した。前走時の好状態を維持できている。

【ゴールドシップ】

今年と同じ中5週で参戦した昨年と同様、4月上旬から今週にかけて4週続けて併せ馬を消化しており、意欲的な調整過程といえる。今週はウィリアムズ騎手を背に、坂路で格下馬を追走する形の追い切り。徐々に差を詰めて中間地点で並びかけ、追い出されると豪快な伸び脚で突き放して見せた。高速馬場への対応が課題だが、状態面は万全と言っていい。

【フェノーメノ】

昨年時と同様に、レースの3週間半前からコンスタントに追い切りをこなしており、調整過程は順調だ。中間の追い切りはすべてWコースで、先々週の併せ馬では好時計をマークし、先週の併せ馬では蛯名騎手を背に余力を残して先着。今週は助手を背に単走で追われ、時計は平凡ながら素軽い脚さばきを見せた。休み明けの前走時から上積みが見込めそうだ。

【デスペラード】

前走後は自厩舎に残って調整を続け、3月中旬から毎週コンスタントに追い切りをこなしており、調教量に不足はない。ここ2週はPコースで助手を背に単走で追われ、先週は道中馬場の大外を進み、ゴールまで馬なりのままラスト200m11秒台前半の切れ味を披露。今週もほぽ同様の内容で、鋭い伸び脚を見せた。前走時の好状態を維持できている。

【サトノノブレス】

前走後もきちんと乗り込まれており、調整過程は順調そのものと言える。ここ2週はWコースで浜中騎手を背に3頭併せの最内を回り、先週はラスト200mから一杯に追われてきっちり最先着。今週はラスト300mからゴール過ぎまで一杯に追われるハードな内容で最先着した。1000m66秒前後と時計的にも悪くなく、現時点での実力は出し切れる好仕上がりだ。

【ラストインパクト】

前走後も休みなく調教を積まれており、中間の調整過程は順調だ。ここ2週は助手を背にWコースで格下馬と併せ、先週は長めからある程度の負荷をかける内容を消化。今週は前半なだめながらの追走から、追い出されると即座に反応して鋭い脚を見せ、ラスト200m11秒台半ばの好時計をマークした。絶好の仕上がりで、前走からの上積みがありそうだ。

【アドマイヤラクティ】

前走後も自厩舎に残って調整され、4月に入ってからは連日のように時計を出しており、調教量は十分といえる。ここ2週はWコース単走で追われ、先週は四位騎手を背に1000m64秒台、ラスト200m11秒台の好時計をマーク。今週は助手を背に終い重点の内容で、力の要る馬場をものともせずしっかり動けていた。実力をきっちり出し切れる好仕上がりだ。

【その他の出走馬】

フェイムゲームは前走後に放牧を挟んだが、帰厩後の追い切り内容が良く実力は出し切れる状態。ホッコーブレーヴは先週から2週続けて素軽い動きを見せており、目下絶好調という印象。レッドカドーは京都競馬場の芝コースで軽めの追い切りを1本のみと昨年と変わりない調整過程で、順調な仕上がりと見て良さそうだ。


<出走馬の調教評価>

●A

ゴールドシップ、ラストインパクト

●B

キズナ、ウインバリアシオン、フェノーメノ、デスペラード、アドマイヤラクティ、ホッコーブレーヴ

●C

サトノノブレス、フェイムゲーム、レッドカドー、アスカクリチャン、アドマイヤフライト、サイレントメロディ、タニノエポレット、オーシャンブルー、ヒットザターゲット

●D

ジャガーメイル

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN