JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第147回 天皇賞(春)特集 22013年4月28日(日)15時40分発走 京都競馬場 芝3200m

【ゴールドシップ】ステイヤーの本領を発揮

ゴールドシップ写真
阪神大賞典を快勝したゴールドシップ

今年は予定通り阪神大賞典からの始動。いつものようにスタートが甘く、後方からの追走となったが、2周目の3コーナーから仕掛けると一気に前へ。勢いをつけて最後の直線に入ると、力強く大外から突き抜けた。これで昨年の神戸新聞杯から4連勝。レース運びは少しハラハラさせるものがあるが、大外を回ってねじ伏せた菊花賞と有馬記念が圧巻の一言。力がないとできない芸当であると同時に、相当なスタミナを持っていることがわかる。近年のトップホースとしてはめずらしい本格的なステイヤーと言えるだろう。相手関係の面でもここは負けられない一戦となった。


【フェノーメノ】日経賞を完勝で好スタート

フェノーメノ写真
G1初制覇を目指すフェノーメノ

昨年のJCで5着に敗れた後は、有馬記念をパスして休養。今年初戦は日経賞を選択した。同レースでは有馬記念2着のオーシャンブルーが崩れる中、本馬は1番人気に応える堂々の勝利。2013年、最高のスタートを切った。昨年の天皇賞(秋)で2着と好走したように、現役トップクラスの一頭であることは間違いない。ただ、昨年は菊花賞をパスして天皇賞(秋)へ向かった経緯がある。長距離が不安というわけではないだろうが、左回りの中距離がベストと判断されたもの。芝3000m以上の競馬は今回が初めて。関西圏のレースも初となる。まずは自分の力を発揮しきれるかがカギとなる。


【トーセンラー】京都芝コースは好相性

トーセンラー写真
京都記念を制したトーセンラー

前走京都記念は前半1000m通過が61秒8。スローペースを中団より後ろで我慢し、最後の直線で鮮やかに弾けた。昨年は芝2000mのG3で惜敗が続いていたが、別定G2での勝利。ここまでの勝ち鞍はすべて京都芝コースであり、コースの相性のよさを感じさせる。ただし、芝3200mの距離は課題となりそう。3歳時の菊花賞では3着と好走しているが、勝ち馬のオルフェーヴルは遥か先、2着ウインバリアシオンとも0.3秒差。レースっぷりや血統背景からは長丁場がピッタリという印象は薄い。コース適性を頼りにし、どこまで迫れるか。


【アドマイヤラクティ】13戦連続で3着以内

アドマイヤラクティ写真
ダイヤモンドSで重賞初制覇を飾ったアドマイヤラクティ

前走ダイヤモンドSでは中団の外から動いて4コーナーを回り、最後の直線は馬場の中ほどへ。横一線の叩き合いから末脚をグイグイと伸ばし、2馬身半抜けての完勝となった。芝2500m以上の長丁場は初めてだったが、1頭だけ違う伸び。スタミナが豊富で、長くいい脚を使うあたり、ステイヤーのとしての十分な資質をうかがわせる。ただ、同レースから本番まで直行というローテーションは気になる。相手が格段に強くなるため、どこまで通用するかもポイント。11年9月の500万クラスから、実に13戦連続で3着以内に好走している安定感をここでも見せることができるか。


【レッドカドー】充実目立つイギリスの7歳馬

イギリスからの遠征馬。昨年末の香港ヴァーズを制し、G1初制覇。今年に入り、ドバイワールドカップでは追い込んで2着と好走。距離が短い2000mのオールウェザーでも持ち前の決め手を発揮しており、7歳馬ながら目下の充実が目立つ。ただ、昨年のJCでは8着。香港ヴァーズではJCで10着だったジャガーメイルとのワン・ツーだったことを考えると、日本のトップクラスを脅かすほどの存在ではない。芝2400m前後ならば日本勢が優勢と言える。しかし、今回は京都芝3200mが舞台。この距離が有利に働けば、上位争いに絡んできてもおかしくない。

【ジャガーメイル】実力健在の古豪

10年の天皇賞(春)ではマイネルキッツ以下を下してG1初制覇。その後、勝ち鞍はないが、長期休養を交えながらも現役生活を続けている。昨年のこのレースでは3着ウインバリアシオンと0.1秒差の4着。同年の天皇賞(秋)では休み明けながら0.6秒差の7着と、十分善戦と言える結果。そして4度目の挑戦となった香港ヴァーズでは、自身最高着順の2着。相手関係には恵まれた印象だが、大きな衰えは一切見られない。長距離での安定した末脚は健在。前走ダイヤモンドSもトップハンデの58.5キロながらしぶとく末脚を伸ばして2着。上位進出の可能性は十分。

【カポーティスター】日経新春杯で重賞初制覇

今年の日経新春杯で重賞初制覇。その次の京都記念は4番人気で6着。日経新春杯が馬場がいいところを通り、ハンデ52キロの競馬だったため、日経賞では9番人気と評価を落とした。しかし、4コーナー手前で外に持ち出されてスパートをかけると、最後の直線では一旦先頭。最後はフェノーメノに差されたが、低評価を覆す走りを見せた。3歳時の青葉賞ではフェノーメノに次ぐ人気となった馬。本来はこれぐらい走っても不思議はないはずだ。日経新春杯と日経賞が内枠発走だったため、道中はラチ沿いを通った方がいいタイプかもしれない。3200mの距離は未知数だが、不気味な存在。

【デスペラード】力を発揮できる舞台

前走阪神大賞典は人気のゴールドシップを見る形で後方からの追走。長距離戦では不利と思われる後方一気のスタイルをここでも守り、2着と好走した。上がり3ハロンはゴールドシップを上回り、メンバー中最速だったが、逆転があるような雰囲気ではなかった。もっとも無理に勝ちにいこうとすると、今度は2着すら危うい可能性があった。勝つのは大変でも自分のスタイルと貫く方が、今度も好結果が出るかもしれない。父ネオユニヴァースからは長距離歓迎という感じはしないが、芝3000m以上で素質が開花。京都コースも経験豊富で、力を発揮できる舞台だ。

【ムスカテール】重賞で善戦が続く

1600万クラスを勝利した後は、アルゼンチン共和国杯2着、日経新春杯2着、日経賞3着とG2で連続好走。前走日経賞は別定戦で着順を落としたが、重賞勝利に手が届くところまできている。ただ、数字面からではうかがえないが、左回りがベストのタイプ。右回りではもたれる面があり、その課題は今回も残る。そんな中でも京都芝コースで勝利がある点は心強い材料と言えるだろうか。父マヤノトップガンは95年に菊花賞、97年に天皇賞(春)を制覇。本馬も長距離は望むところと言えそう。強敵がそろったG1でどこまで食い下がれるか。

【レッドデイヴィス】久々の距離が芝2400m

11年のシンザン記念ではオルフェーヴルとマルセリーナを下して優勝。同年の鳴尾記念では休み明けながら優勝し、G1級の底力をアピールした。だが、その後は不振に陥る。重賞どころかオープン特別でも敗戦が続いた。前走大阪−ハンブルクCで久々の勝利を飾ったわけだが、勝利よりも2400mをこなしたことの方が驚きは大きい。気性的に長い距離で溜めて切れるという印象が薄かったので、意外な一面を見せた。近親にデルタブルースがいる血統だが、アグネスタキオン産駒はスピードと切れが持ち味。2400mと3200mとでは全然違うので、長距離に適性ありとはまだ言い切れない。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN