JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第143回 天皇賞(春)特集 2011年5月1日(日)15時40分発走 京都競馬場 芝3200m

【トゥザグローリー】

前走後も極めて順調な調整過程で、この中間は坂路とCWコースを併用して追い切られている。1週前には格下馬と併せ、余裕残しの手応えでラスト200m11秒台をマーク。今週はマイネルキッツと併せたが、終い追われると内からきっちり交わして先着し、今週もラスト200mで11秒台が出た。少し間隔の空いていた前走時より、上積みが見込める。

【ペルーサ】

前走から中3週ながら中間に短期放牧を挟んでいる事もあるが、今までに比べると明らかに追い切り本数が少なく、関西への輸送を控えているにしてもやや物足りない調教量ではある。ただ、その分今週は芝コースで3頭併せを敢行し、大外を回って1000m59秒台と、実戦並みの速い時計を出してきた。馬体に太め感もなく、好仕上がりといえる。

【ローズキングダム】

前走の4日後には早くも馬場入りを始め、中3週ながらこの中間は坂路で強めの追い切りを4本も消化しており、意欲的な調整過程だ。先週は時計こそ平凡だが、重い馬場でも最後までしっかりとした脚どりで登坂。今週は武豊騎手を背に、800mで52.1秒、ラスト200m13.0秒と、この馬としては上々のタイムが出た。絶好の状態に仕上がった印象だ。

【エイシンフラッシュ】

今回もいつもと同じくCWコース、坂路、プールを併用しながら入念な調教を積まれており、調整過程は極めて順調だ。ここ2週はCWコースで鮫島騎手を背に、格下馬を追走して内に併せる形の追い切り。先週しっかり負荷をかけている分、今週は終い重点だったが、追われるとはじけるように鋭く伸びた。絶好の状態と見てよさそうだ。

【マイネルキッツ】

震災の影響で、好走している過去2年と若干臨戦過程は変わるが、1週前に美浦、今週は栗東できちんと追い切られており、調整過程は順調だ。今週は国分優騎手を背にトゥザグローリーと併せ、終い一杯に追われるもわずかに先着を許したが、ラスト200mは12秒前後とこの馬としては十分動いていた。仕上がり万全と見てよさそうだ。

【ヒルノダムール】

前走後も休みなく乗り込まれているが、中3週で中間の追い切りが2本だけという点は、やや物足りない調整過程に映る。先週はCWコースで藤田騎手を背に長めから追われ、格下馬を追走してきっちり先着したが、相手が未勝利馬だけに全体時計は平凡。今週は坂路で終い重点と、強い調教も不足気味の印象で、激走した前走の反動が気がかりではある。

【ナムラクレセント】

前走後もきちんと乗り込まれ、追い切りもしっかりできており、中間の調整過程は順調だ。ここ2週は坂路でしっかり追われ、先週は助手騎乗で800m51.7秒と速い時計をマーク。今週は和田騎手を背に前半から12秒台で飛ばし、時計のかかる馬場を物ともせず、800m51.1秒と好時計をたたき出した。快勝した前走より、さらに上向いている印象だ。

【コスモメドウ】

中間の追い切り本数が少ないのはいつも通りで、調整過程に問題はない。先週は丹内騎手を背にWコースでの単走追い。調教駆けせず時計こそ平凡も、直線はきっちり負荷をかけられた。その後栗東入りし、今週はPコースで長めからの単走追い。終始馬なりだったが、軽快な脚さばきだった。自分の力は出せる仕上がりと見ていい。

【その他の出走馬】

ビートブラックは、中2週ながら坂路で岩田騎手を背に2週続きで強めに追われ、動きもまずまずで力は出せる仕上がり。オウケンブルースリは、2週続けて坂路で浜中騎手を背に併せ馬を消化。先週は好時計をマークしたが、今週はラスト200m14秒台と失速で、気ムラな面が出てきた感じ。ジェントゥーは木曜日に京都芝コースで長めから時計を出した。馬場適性は未知数だが、しっかり追い切りをやれた点は好材料だろう。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN