JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
天皇賞(春)特集
レース情報 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析へ コース解説へ 有力馬情報へ 調教情報へ レース回顧へ

天皇賞(春)とは

百年以上の歴史を持つ格調高いGI

 1905年(明治38年)に創設された「エンペラーズカップ」が天皇賞の前身である。その後しばらく全国7つの競馬場で「帝室御賞典競走」として行われていたが、1936年「日本競馬会」の設立などを機に、37年秋のレースから年2回春・秋に開催することになった。この37年秋に東京競馬場で行われた「第1回帝室御賞典競走」を第1回天皇賞とみなしている。

 天皇賞と改称されたのは、第二次大戦後の1947年のことである。この年から春は京都、秋は東京の3200mで施行されることになった。天皇賞には勝ち抜け制度が採用され、1度勝った馬は出走できないルールだったが、1981年にこれが廃止され、何度でも出走できるようになっている。さらに84年、グレード制導入とともにG1に格付けされたが、このときから秋の天皇賞は芝2000mに変更された。

 また、出走資格もずっと内国産の牡・牝馬に限定してきたが、2000年、はじめて外国産馬に門戸を開放。2005年には国際競走となって外国調教馬も出走できるようになり、外国産馬の出走頭数制限は撤廃されている。そして、08年からはセン馬の出走も可能になった。

天皇賞(春)写真チャンピオンステイヤーを続々輩出

 芝長距離日本一を決める戦い。世界でもあまり例のない、一流馬が出走する真の意味での長距離ナンバーワン決定戦である。昭和の歴史とともに、数多くの名馬を世に送り出してきた。スピードシンボリ、タケシバオー、タイテエム、タケホープ、テンポイント、グリーングラス、モンテプリンス…。いずれも、オールドファンならその現役時代を鮮明に思い出しそうな名ステイヤーである。

 そして天皇賞・秋が2000mに短縮されてから、天皇賞・春は古馬の長距離G1で唯一3000mを超えるレースとして、長距離を得意とする一流馬の目標となっている。シンボリルドルフ、タマモクロス、メジロマックイーン、ライスシャワー、ビワハヤヒデ、スペシャルウィーク、テイエムオペラオー、さらにはディープインパクト…。その時代のチャンピオンが、このレースを制してビッグになっていった。

近年は大荒れレースとして定着

 02年までは、チャンピオン決定戦にふさわしく、堅めで馬連3桁配当の多いレースであった。ところが03年以降、7回中5回が馬連・3連複の万馬券。1番人気の信頼性も低く、03年以降で連対をしたのは、06年ディープインパクトのみとなっている。

 ステップレースは阪神大賞典、日経賞、大阪杯の3レースが中心。昔は阪神大賞典組の好走が多かったが、近年は必ずしも同組が有力とはいえない。昨年は1、2着馬が日経賞組で、3着馬が大阪杯組。好走馬は前述の3レースからまんべんなく出ている印象だ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN