JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
天皇賞(春)特集
レース情報へ 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析へ コース解説へ 有力馬情報へ 調教情報 レース回顧へ

アサクサキングス

前走から中5週の間隔だが、軽めの調教は多いものの中間の速い追い切りは1週前の1本だけで、やや控えめの調整過程なのは若干気になるところ。ただその1週前追い切りも終い重点ながら、追われるときっちり反応してラスト200m11秒台をマーク。今週も最後までほとんど馬なりながら素軽い動きは見せた。力は出せる仕上がりと見ていいだろう。

スクリーンヒーロー

この中間はレース5日後に馬場入りを開始して以降、ほぼ休みなく順調に乗り込まれており、調整過程は極めて順調だ。2週前に1000m66秒台とこの馬としては速めの時計を出し、先週は長めの距離をゆったり走らせる内容。今週は併せた格下馬に合わせる走りだったが、放せば弾けそうな気力十分の好調教だった。休み明けを叩かれ、確実に上積みが見込めそうだ。

アルナスライン

前走後もいつも通りプール調教を織り交ぜつつ、ここ3週は坂路でハードに追われており、大一番に向けて意欲十分の調整過程を見せている。1週前は追い出されると左にヨレる面を見せたが、伸び脚自体はしっかり。今週は併せ馬でびっしり追われ、最後までしっかりした脚どりで先着の好調教を披露した。快勝した前走から更に上積みがありそうだ。

モンテクリスエス

前走後は早くから調教を開始し、先々週からは3週続けて武豊騎手を背に追い切られており、この中間はかなり意欲的な調整過程だ。追い切りの内容を見ても、先週、今週ともにDWコースで1200m80秒前後、ラスト200m11秒台と好時計を叩き出しており、調教駆けしないこの馬としてはかなり優秀と言えるもの。絶好の状態と見てよさそうだ。

ドリームジャーニー

前走後は中3週ながら短期放牧を挟んでレースの11日前にトレセンへ帰厩する異例の形だが、前走時もレース12日前に帰厩して快勝しており、この馬としてはむしろ好感が持てる調整過程と言える。今週はいつも通りDWコースを単走で追われ、直線は回転の速いピッチ走法で鋭い伸びを見せた。前走時の好状態をしっかりキープしている印象だ。

ヒカルカザブエ

前走から中5週と間隔あいている割には乗り出し時期も遅く追い切り本数も少なめだが、この馬としてはいつも通りのパターンで調整過程は順調と言える。1週前に坂路でハードに追い、800m51.8秒の好タイムをマークして実質の追い切りを終え、今週はかなり控えめな内容に終始した。調子の良さはうかがえるが、大一番を前にした調教としては物足りなさが残った。

ジャガーメイル

海外帰りに加え約4ヶ月半ぶりの実戦になるが、レースの約1ヶ月前から順調に追い切りを消化しており、調教量自体は足りている。先週は安藤騎手を背に格下馬を追走して併せたが、長めから行った分もあってかラストは脚が上がり気味。ただ今週は単走ながら1000m63秒台を出し、ラストもしっかり伸びていた。自分の力は出せる仕上がりと見てよさそうだ。

ホクトスルタン

前走後はしばらくプール調教の後、先々週からは週に1本ずつ追い切りを消化しており、まずまず順調な調整過程と言っていいだろう。今週は小牧騎手が初めて乗って、1200mで78秒台、ラスト200mもやや余裕を残しながら12秒台をマークしており、動きは良くなって来ている。ただ前走からの上積みは確実だが、絶好調だった昨年の状態にはまだ一息の印象だ。

その他の出走馬

ゼンノグッドウッドは休みなく使われているだけに今週こそ控えたが、先週坂路で800m51.0秒の好タイムを叩き出しており調子はかなり良さそう。マイネルキッツは早めに栗東入りし、週2本ずつの追い切りを消化しており前走時の好状態をキープ。サンライズマックスは3週続きできっちり追われており、凡走後でも調子自体は悪くなさそうだ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN