JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
天皇賞特集

メイショウサムソン

休み明けを叩かれ中3週での出走になるが、レース4日後から順調に馬場入りしており、反動も感じさせず順調な調整過程を見せている。1週前は武豊騎手が乗り、前半から飛ばしながら、ラストも仕掛けてから一気に併走馬を置き去りにする鋭い伸び脚を披露。今週も体重の重い助手が乗って好時計を出しており、2週続けての好調教で状態面に関しては万全と言えそうだ。

アサクサキングス

1週前追い切りは1200mで79秒台と全体時計も速かったが、直線に向いて追い出されると併走馬を振り切ってラスト200mでも11秒台半ばという速さで、絶好の動きを見せた。今週は上がり重点の微調整にとどめたが、軽く仕掛けただけでラスト200m11秒台半ばの鋭い伸び脚を披露。休み明けの前走も好仕上がりだったが、さらに上昇している印象だ。

アドマイヤジュピタ

この中間は4月上旬から4週連続で坂路800m54秒以内をマークするハードな調整を施されており、大レースへ向けての意欲を十分感じさせている。1週前に併せ馬で52.1秒の自己ベストタイを出し、今週の最終追い切りでは単走ながら52.0秒の自己ベストをマークしており動きも軽快そのもの。絶好調で臨めそうだ。

アドマイヤモナーク

1週前追い切りは長めを前半からある程度飛ばしていった分ラストは一杯になったが、脚どりは最後までしっかりしており動きはよかった。今週は水曜、木曜と2日連続で追い切りをこなす異例の調整になったが、動きは軽快そのもの。引き続き好状態をキープと見て良さそうだ。

ポップロック

前走から約1週間後には馬場入りを始め、以後は軽めながら連日のように時計を出すいつも通りの調整過程で、この中間も順調そのものと言える。ただ1週前は、目一杯に追ってはいなかったものの併走馬に遅れをとる若干重い動き。最終追い切りはラスト重点だけに直線の動きはまずまずだったが、前走からの上積みまでは見込み難い印象だ。

アイポッパー

今年で阪神大賞典→天皇賞というローテは4年連続となるが、過去3年と同じ様に3週前から週1本ずつ計4本の追い切りをこなしており、中間の調整過程はきわめて順調だ。1週前追い切りでは格下馬に見劣りするなど動きは地味だが、ウッドチップでは攻め駆けしない馬だけに全く問題なし。今年も好調子で出走できそうだ。

ドリームパスポート

関東に転厩してからはレース後に必ず短期放牧を挟んでいたが、この中間は放牧に出さずトレセンでの調整になった。1週前追い切りは長めから併せ馬でびっしり追われて好時計をマーク。最終追い切りはラスト重点でやや軽めだったが、鋭い伸び脚を見せる絶好の動きだった。今年1番のデキと言ってよさそうだ。

ホクトスルタン

中6週とゆったりした間隔ということもあるが、今週まで4週連続CWコースで長めから追い切られており、この中間は意欲十分という調整過程になっている。先週は重い馬場をものともせずゴールまで確かな脚どりで、併走馬にきっちり先着の好調教。今週も前半から飛ばしながらラストも鋭く伸びる絶好の動きを見せており、休み明けだった前走からの上積みも大きそうだ。

その他の出走馬

トウカイトリックは最終追いで坂路800m50.8秒の自己ベストをマークしており、最近では一番の状態と言えそう。アドマイヤフジは3週連続でハード調教を消化し動きも良く、調子自体は引き続きよさそう。トウカイエリートは前半から飛ばす意欲的な調整見せており、好状態をキープしている。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN