JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
天皇賞(春)特集


京都芝3200m〔Dコース〕

コース図Dコース使用で
馬場状態は良好

 3回京都開催4日目にDコースを使用。03年以降は例年(06年はCコース)、同コースで行われている。DコースはAコースから直線部10m、曲線部9m外側に仮柵を設置。外回りコースの幅員は18〜25mと最も狭いコースとなる。芝はオーバーシード(イタリアンライグラス)を使用。昨年秋から前開催まではA〜Cコースが使用されるため、長期間未使用のDコース部分の痛みは少なく、全体的に非常に良好な馬場状態。高速時計決着が望める馬場だ。長距離戦なので勝ち時計にバラつきが生じるのは仕方ないが、年々時計が速くなっている傾向。06年にディープインパクトが出した3分13秒4がレコードタイム。近2年は3分15秒台を切る時計が出ている。

本競走でのみ使用の特殊コース

レース写真(京都芝3200m) スタート地点は向正面の中間点よりやや左。本競走でしか使われない特殊コースで、外回りコースを約1周半する。菊花賞のスタート地点に比べると、最初の3コーナーまでの距離が十分に取られている状況だが、出だしは各馬のポジション取りである程度速く流れる。02年にマンハッタンカフェが勝った時のように、いきなり前半600mが39秒6と歩くようなことにはならない。馬場状態が良いこともあり、13秒台のラップはなかなか入らない。入るとすれば、一周目の正面スタンド前を過ぎ、1コーナーのカーブから1〜2コーナーの途中。ラップで言えば、1400m〜1600mの地点。この1ハロンはたいていガクンとペースが落ちるのが特徴で、ここで各馬が息を入れる。

他の長距離重賞に比べて厳しい流れ

 向正面では平均〜やや遅めのペースで流し、やはり13秒台を超えるようなラップはそう何度も入らない。ここが阪神大賞典やダイヤモンドSなど、他の長距離重賞と違うところ。それでいてなおかつ、隊列が動き出すのが2週目の3コーナー過ぎの坂の頂上付近。菊花賞と同じように、ここからゴールまでの800mの間、下り坂を利しての目一杯の追い比べとなる。道中の長い距離を平均的なペースで走り、なおかつラスト3〜4ハロンで速い脚が要求されるという、G1ならではの底力が問われる。

 最後の直線だけでの後方一気は厳しい。かといって、逃げ切り・逃げ残りも困難で、前半から先頭で引っ張り馬券圏内に残ったのは、過去10年で04年のイングランディーレ(1着)、99年のセイウンスカイ(3着)の2頭しかいない。差し馬でも徐々に好位に押し上げて、直線入り口では前を射程圏内に捕らえることが必要。逃げ馬は、前半は番手で折り合いをつけ、途中どこかで先頭に立つような形が理想だろう。

3枠と4枠が最多の3勝

 コーナーをたくさん回り、馬場状態が良く、馬群が縦長になりにくいことを考えると、枠順は内枠有利と考えるのが普通だが、実際にはそこまでのアドバンテージはない。過去10年に関して言えば、1、2枠よりも7、8枠の方が好走馬の数は多い。ただし、優勝はなく2着まで。最も多くの優勝馬を出しているのは、3枠と4枠で3勝づつ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN