G1特集 天皇賞(春)G1特集 天皇賞(春)

天皇賞(春)

競馬予想のJRA-VANトップ > G1特集 > 天皇賞(春)

天皇賞(春)

天皇賞(春)は京都競馬場の芝3200mで行われるGI競走。1905年に「エンペラーズカップ」として創設され、1947年秋に「天皇賞」に改称され、春は京都競馬場で、秋は東京競馬場で行われることになった。天皇賞(春)の過去の優勝馬には、ゴールドシップ、フェノーメノ、ディープインパクト、マンハッタンカフェ、テイエムオペラオーなどがいる。


天皇賞(春)は84年のグレード制導入でG1に格付け。同年より秋の東京開催は2000m戦へと短縮。分割されたことで春の天皇賞は古馬長距離戦の最高峰の地位を確立することになった。95年からは地方馬、00年からは外国産馬も出走可能となった。05年に国際競走に指定された。


JRA-VANのG1特集では、予想に役立つ過去10年傾向やレース結果をはじめ、有力馬情報や血統分析など、みなさまの競馬予想に役立つ情報をお届け中!JRA-VANのG1特集で天皇賞(春)を攻略しよう!

特集一覧

2017年

2017年

キタサンブラック、レコード勝ちで連覇を達成!

2016年

2016年

キタサンブラック、差し返しての激戦を制してG1・2勝目!

2015年

2015年

ゴールドシップ、向正面で一気に動いて勝利をつかむ!

2014年

2014年

フェノーメノ、3強を下して連覇達成!

2013年

2013年

フェノーメノ、完勝でG1初制覇!

2012年

2012年

伏兵ビートブラックが大逃げから抜け出して独走!

2011年

2011年

激戦の末、ヒルノダムールが勝ち、父子制覇!

2010年

2010年

C・ウィリアムズ騎手のジャガメールが差し切る!

2009年

2009年

伏兵マイネルキッツが大仕事を果たし、初タイトル!

2008年

2008年

アドマイヤジュピタが競り勝ち初G1制覇!

歴代優勝馬ピックアップ

古馬中・長距離路線