JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

フサイチリシャール 卓越したスピードで4連勝で2歳王者へ[2005年]

3連勝で2歳王者決定戦へ

 ディープインパクトが無敗のままクラシック三冠を達成、ターフを沸かせた2005年シーズン。新たなヒーローを探そうと、ファンの視線は2歳王者決定戦に向けられる。

 そんな第57回朝日杯フューチュリティS、人気は三つ巴の様相を呈していた。

 実績とスピードを重んじるならフサイチリシャール。新馬戦は4着に敗れたものの、続く未勝利戦を逃げ切ると、萩Sではドリームパスポート、ロジック、メイショウサムソンといった好メンバーを相手に3馬身差で圧勝。東京スポーツ杯2歳Sでもメイショウサムソンに2馬身半差の逃走劇を決め、レコードタイムもマークした。母は桜花賞やエリザベス女王杯の2着などG1で活躍したフサイチエアデールという血統もまた魅力だった。

切れ味鋭い素質馬2頭と人気を分け合う

フサイチリシャール写真

 フサイチリシャール以上に血統的な潜在能力を感じさせたのが外国産馬のジャリスコライトだ。何しろ兄はアグネスデジタル。父はファンタスティックライトに変わったが、ジャパンC僅差3着のある種牡馬なら日本の馬場への適性は十分。ジャリスコライト自身、新馬戦、いちょうSと上がり3ハロン推定33秒台の脚を使って2連勝を収めており、その切れ味の鋭さにも注目が集まった。

 切れ味ならショウナンタキオンも負けてはいない。後方からのゴボウ抜きで新馬勝ちを果たし、新潟2歳Sでは立ち遅れ気味のスタートながら最後方から直線一気を披露。差してさらに2着を5馬身も突き放してみせたのだ。父は新種牡馬として期待のかかる未完の大器アグネスタキオン、祖母は重賞ウィナーのメジロハイネなら血統も申し分はない。

早め先頭から力強く押し切る

 ジャリスコライトの単勝オッズが2.2倍、フサイチリシャール3.2倍、ショウナンタキオン5.3倍で、4番人気ダイアモンドヘッド11.0倍という評価でゲートが開いたこの1戦。勝利をつかんだのはフサイチリシャールだった。

 抜群のスタートダッシュでハナを叩いたレソナルに対し、フサイチリシャールも二の脚の速さで2番手をキープ。ガッチリと手綱を引かれたまま追走したフサイチリシャールは、4コーナーで前に並びかけ、直線では押し切る態勢だ。好位にいたジャリスコライトは追いつけず、ショウナンタキオンも4着に追い込むのがやっと。鋭く差してきたスーパーホーネットを持ち前のスピードでクビ差退けたフサイチリシャールが、4連勝のゴールで2歳王者の座を手に入れたのだった。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN