JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

エイシンプレストン 海外G1・3勝の金字塔への第一歩[1999年]

笠松のレジェンドハンターが1番人気

 1997年生まれの世代を代表する馬といえば、エアシャカールやアグネスフライトといったクラシック組ではなく、3頭の外国産馬たちだろう。ジャパンCと宝塚記念の勝ち馬タップダンスシチー、芝・ダート双方でG1タイトルを獲得したアグネスデジタル、そしてエイシンプレストンだ。

 エイシンプレストンは01年に香港マイルを制し、02年と03年のクイーンエリザベス2世Cを連覇した強豪。その国内唯一のG1勝利は99年・第51回朝日杯3歳Sのことである。

 このレースで1番人気に推されたのは、笠松競馬所属のレジェンドハンターだった。笠松・金沢で圧巻の3連勝をマークし、中央初挑戦となったデイリー杯3歳Sも2馬身半差で逃げ切って注目を集めるようになった馬だ。鞍上は中央転向前の安藤勝己騎手である。

2戦目で初勝利をあげたばかり

エイシンプレストン写真

 デイリー杯3歳S2着のラガーレグルスが2番人気、東京スポーツ杯3歳S3着のマチカネホクシンが3番人気と続き、エイシンプレストンは4番人気。これは実績を考えると高い評価だったといえる。なにしろエイシンプレストンは新馬戦で2着に敗れ、2戦目で初勝利をあげたばかりの2戦1勝。出走馬16頭中10頭が2勝以上、オープン・重賞の連対馬もいたこの一戦では最も格下といっていい立場だった。

 ただし、デビュー戦で敗れた相手は後に皐月賞で1番人気となる素質馬ダイタクリーヴァ。2戦目に後続を5馬身突き放す派手な勝ちっぷりを見せたエイシンプレストンは、そのポテンシャルを高く買われていたのである。

 実戦でエイシンプレストンは大きな潜在能力を確かに発揮し、キャリアと実績の不足を補って余りある快走を見せた。

インから鮮やかに交わし去る

 大逃げのダンツキャストを目がけて、引っ張り切れないほどの手応えで好位を追走していたレジェンドハンターが迫っていく。直線に入ると同時に先頭へと立ったレジェンドハンターは、そのまま粘り切る勢いだ。そこへ馬群を割って飛んできたのがエイシンプレストン、大外を伸びたのがマチカネホクシンだった。マチカネホクシンの末脚がレジェンドハンターに届くことはなかったが、エイシンプレストンは独走状態のレジェンドハンターにインから襲いかかり、交わし去る。

 この鮮やかな勝利を最初の勲章として、エイシンプレストンは海外G1で計3勝という金字塔への道を歩み始めたのである。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN