JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

ナリタブライアン 史上最強馬への第一歩[1993年]

のちの三冠馬もまだ若かった

 後に日本競馬史上5頭目のクラシック三冠馬となるナリタブライアン。それだけに、2歳時から調教での動きや馬体の柔らかさが注目を集めた馬だった。

 が、デビューからの成績は、勝ったり負けたり。新馬戦は2着、2戦目に9馬身差の逃げ切りで初勝利をあげるが、3戦目・函館3歳Sでは先行策から後退して6着。続く福島の500万下・きんもくせい特別で2勝目をマークしたものの、デイリー杯3歳Sでは勝ち馬ボディーガードからコンマ7秒差離された3着という結果に終わる。

 気難しい性格、自分の影に驚く臆病さが災いして、持てる素質を存分に発揮できずにいたのである。

「ビワハヤヒデの弟」

ナリタブライアン写真

 この当時のナリタブライアンは「ビワハヤヒデの弟」という文脈で語られることが多かったといえるだろう。ナリタブライアンの1つ上の兄ビワハヤヒデは、朝日杯3歳S、皐月賞、日本ダービーでいずれも2着と、ビッグタイトルは未獲得ながら安定した戦績を残し、遂に 1993年秋、ナリタブライアンがデイリー杯3歳Sを走った翌日に、菊花賞でGI初制覇を達成。世代を代表する強豪として広く認識されていた存在である。

 兄の姿に志を高く持ったか、あるいはトレードマークとなるシャドーロールの装着が功を奏したか、ナリタブライアンは京都3歳Sを3馬身差で完勝、レコードタイムも叩き出して3つ目の勝ち鞍を手にする。そして1番人気を背負って、第45回朝日杯3歳Sに臨んだのであった。

圧勝でGI奪取。そして翌年へ

 レースでは、逃げて2連勝中のタイキウルフ、1番人気の外国産馬エイシンワシントン、あるいはデイリー杯3歳Sの勝ち馬ボディーガードや逃げ切りで2勝をマークしているサクラエイコウオーらが先行争いを繰り広げて、速いラップで流れた。これをナリタブライアンは中団で追走、3コーナーでは早くも動き出し、先行勢を捉えにかかる。

 直線で豪快に突き抜けるナリタブライアン。最後は2着フィールドボンバーに3馬身半の差をつける完勝で、兄に続いてのGIタイトルを獲得したのだった。

 翌年、三冠を達成し、有馬記念まで制したナリタブライアン。活躍につれて「ビワハヤヒデの弟」という呼称は消え、史上最強馬の声すらあがるようになる。

 そのビクトリーロードの開幕こそ、朝日杯3歳Sのゴールだったのである。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN